enjoy korea

fujissss.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 23日

天皇陛下

天皇陛下のご公務は、年間実に1000以上に及びます。
このお年で、サラリーマンより休日が少ないのです。

その上、想像してみて下さい。
「全ての人に平等に」との思いから、
毎週、全国各地、時には先進国・発展途上国問わず海外にまで赴きます。
しかも、現地で公務中に便意をもよおすと
迎えてくれた相手に対して無礼と迷惑をかけるとのことから、
水分を取らずに喉がかわいた状態で行かれるのだそうです。
時には認証式など、深夜まで及ぶこともあります。

そして、公務中はどこへ行っても、絶えず周囲の目と
マスコミの目に晒されるため、一瞬でも下品な仕草を見せるわけにはいかないことから、
どんなに頭や目、耳、背中がかゆくても頭を触ることも体を触ることもできず、
どんなに眠くても、あくびをすることもできず、
常に360度、どこから見られても上品に見える表情・たたずまい・行動に
努めないといけないのです。
常に相手様のもてなしに最大の感謝を込めて、
そしてこちらがもてなす時は、最大限くつろいでもらえるように、
もてなされても、もてなしても、常に緊張状態の中で一瞬の気の緩みも見せず、
人に尽くさなくてはならないのです。
そのために、毎日が事前準備の勉強の日々でもあるのです。
園遊会でも、招待した方全ての方のことを、事前に把握されてるのです。
その上で会話をするわけです。
そんじょそこらの店員と、天皇陛下の映像を見比べてもその差は一目瞭然でしょう。

そして天皇皇后両陛下のお人柄からも、
たとえ御車移動中ですら、運転手さんがいる前では
靴を脱いで足を伸ばしたり、乱れた言葉遣いをしたりなど、
決してしないでしょう。運転手さんも一人の国民として平等に扱っています。

つまり、完全にプライベートな空間に戻るまで、
完璧な「天皇」でありつづけ、振る舞い続けることを
何十年もされているのです。
このご苦労と言うのを、国民はどこまで理解できているでしょうか。
ただ1時間2時間、頭をかきながら人の目も気にせず、
何の事前準備もなく、適当に好きな服を着て
それだけでぶらぶら気軽に見学してたらいい「遊び」なんかではないのです。
単にスケジュールだけではなく、その内容がいかに過酷かも、
国民は少なくともたとえ想像だけでも知識として共有すべきです。

by fuji_ssss | 2008-01-23 00:56 | japan


<< 劣化コピー      漢江の奇 >>