2008年 01月 26日

ラスク書簡

アメリカが韓国大使に「竹島は日本領」最終回答

1951年7月19日 韓国大使(ヤン)から国務長官への書簡

一、大韓民国政府は、第二条a項の「放棄する」という語を、「朝鮮ならびに済州島、巨文鳥、欝陸島、ドク島およびパラン島を含む日本による朝鮮の併合前に朝鮮の一郡であった島々に対するすべての権利、権原および請求権を、一九四五年八月九日に放棄したことを確認する」と置き換えるよう要望する。
c0059946_2235796.jpg

1951年8月10日 国務次官補(ラスク)から韓国大使への回答

草案第2条(a)を日本が「朝鮮並びに済州島、巨文島、鬱陵島、ドク島及びパラン島を含む日本による朝鮮の併合前に朝鮮の一部であった島々に対するすべての権利、権原及び請求権を、1945年8月9日に放棄したことを確認する」と改訂するという韓国政府の要望に関しては、合衆国政府は、遺憾ながら当該提案にかかる修正に賛同することができません。
合衆国政府は、1945年8月9日の日本によるポツダム宣言受諾が同宣言で取り扱われた地域に対する日本の正式ないし最終的な主権放棄を構成するという理論を条約がとるべきだとは思いません。
ドク島、又は竹島ないしリアンクール岩として知られる島に関しては、この通常無人島である岩島は、我々の情報によれば朝鮮の一部として取り扱われたことが決してなく、1905年頃から日本の島根県隠岐支庁の管轄下にあります。この島は、かつて朝鮮によって領土主張がなされたとは思われません。
c0059946_2243647.jpg
c0059946_2245439.jpg
c0059946_225859.jpg


■付録 SF条約に関する韓国の図々しい要求
※米国国務省機密文書より

1. 韓国を条約の連合国のリストに加えろ!
2. 韓国を条約の署名国に加えろ!
3. 日本が国連に加盟するなら、韓国も一緒に加盟させろ!
4. 在日韓国人に連合国民の資格を与えろ!
5. 対馬を韓国に返還しろ!
6. 韓国を環大平洋安全保証システムに入れろ!
7. マッカーサー・ラインを条約で認知しろ!
8. 韓国の日本資産の収奪を許可しろ!
9. 日本の韓国資産は韓国の資産として許可しろ!(連合国と同様)
10.国際司法裁判所で連合国と同じ権限が欲しい!
11.韓国を特別に連合国にしろ!

この図々しい要求をアメリカは全部、拒絶しました!

【国際法上の位置付け】

国際法学者のイアン・ブラウンリー(Ian Brownlie)は、第二次世界大戦後のドイツを例として「占領等により主権が著しく毀損したとしても主権保有国の同意がない限り主権は移転しない」
としており、アメリカや韓国が竹島を日本領として認めたかどうかではなく、日本国との平和条約において日本が竹島の権原の放棄や割譲に同意したかどうかが重要となる。
この書簡そのものには日本に対する法的な拘束力は発生しないが、アメリカについてはその主張を変更した場合禁反語違反となる可能性がある。条約の解釈において草案や議論の内容を補足として使用されることは認められており(ウィーン条約法条約32条)、日本国との平和条約を解釈するにあたっての有力な補足資料となる。

そもそも条約は「文脈によりかつその趣旨および目的に照らして与えられる用語の通常の意味に従い、誠実に解釈する(ウィーン条約法条約31条)」という文言主義解釈を基礎としており、条約そのものが最も重要である。

日本国との平和条約第2条において明記された日本が権原を放棄する島は、「鬱陵島、済州島、巨文島」であり竹島は含まれていない。
国際司法裁判所のシパダン島およびリジタン島の判例では、条約解釈において40海里(75km)の距離にある島は付属島とはできない[9]としており、ラスク書簡の補足をするまでもなく鬱陵島から90kmの距離にある竹島を日本国との平和条約で放棄したとの解釈はできないであろう。また、竹島を放棄領土としていた1949年10月までの草案であるが、常設国際司法裁判所による東部グリーンランド事件の判例において、第一次草案より第二次草案を優先させており、放棄領土から竹島を除外した1949年12月29日以降の草案により棄却されるものと考えられる。 竹島が日本領との意思をもって条約が起草されたことがこのラスク書簡によって確認されることから、連合国に竹島の権原放棄を日本に要求する意志もなく、存在しない要求に対する日本が同意した事実も存在しないことがより明確となった。

裁判をすれば、確実に日本の勝利。 
つまり、韓国は、不法占拠しているのです


竹島問題で韓国政府が行ったこと紹介します。
韓国政府は竹島の領有を一方的に宣言すると同時に武装した船に日本の漁船を攻撃させました。
警告もされずに銃撃された日本の漁船では1人が死亡し443人が負傷しました。
その後も韓国政府は武装した船で日本の漁船を襲い続け、4000人の日本人を誘拐しました。
韓国政府は誘拐した4000人の日本人を解放する条件として、殺人や強盗やRAPEの罪で日本の刑務所に入れられていた500人の韓国人犯罪者を釈放し在日韓国人として日本に住ませるように要求しました。
日本政府は4000人の日本人の命を助けるために韓国政府の要求に従いましたが、韓国政府はその後も人質として数人の日本人を18年間も解放しませんでした。
この時に釈放された韓国人犯罪者の多くが暴力団や右翼団体に入り、現在の韓国系暴力団や韓国系右翼団体の基礎を作りました。そのため韓国のTV番組などに韓国系右翼団体のメンバーが日本の右翼団体と紹介されて出演することもあります。
このように韓国政府は中東で韓国人を誘拐して殺したテロリストのアルカイダと同じことをしたのです。
国際裁判にでられない理由もこの点です!
どうやって現在の実効支配が始ったか、明らかになるからですね!
c0059946_16264946.jpg
c0059946_1725337.jpg


by fuji_ssss | 2008-01-26 22:03 | korea


<< ライバル      越後屋 >>