enjoy korea

fujissss.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 02月 01日

朝日

次はなにをやったのかというと、在日朝鮮犬の指紋押捺反対です。日本に来るたびに天皇陛下のお言葉問題があって、そして10年後極めつきが『従軍慰安婦問題』です。これもまた『朝日新聞の誤報』ですよね。

これは1989年に日本の変な女性が韓国に行って韓国にビラを配って「日本相手に裁判やりましょう。私が裁判費用を全部持ってあげます」と言ったわけですよ。

そして、遺族会の人たちが乗ってきて裁判を始めました。そしてまだその時は徴用された人たちの遺族とかだったのです。それも1965年の条約で日本は一括で韓国にお金を渡しています。韓国政府は受け取ったものを分配しています。遺族に対しては分配したのです。ただ額が少ないと言って揉めました。ケガをした人たちには出していません。でもそれは韓国政府が決めることです。



 それで、終わったんですが額が少ないと揉めていた遺族会の人たちが残っていました。その人たちがビラを読んで「ただで裁判をやってくれるならやってもらおう」と言って、90年に最初にこういうホールに日本人が来て説明会をやりました。「裁判やりましょう、判子さえ押してくれれば、私たちが費用はもちますよ。やりましょう」ということになって、そのホールの側に日本大使館があったものですから、日本大使館に最初の反日デモをしかけたのです。これが今毎週1回やっているという『慰安婦』の人たちの先駆けですね。それを指導したのは日本人なんですね。

 そしてそこの団体が裁判を始めたときに、今度は四十数円で妓生(キーセン)として売られたと本人が言っているのにもかかわらず「私も裁判に入れてください」と来たわけですよ。その女性のことを世界で一番最初に、韓国のマスコミよりも先に報道したのは『朝日新聞』です。(苦笑・ざわめき)『朝日新聞』のウエムラという記者です。今、北京にいます。彼の嫁さんは実は遺族会の幹部の娘です。だから世界で一番最初に、韓国の新聞より早く『慰安婦』のインタビューを報道出来たのです。

それで彼は、四十数円で妓生(キーセン)として売られたと言っているのにもかかわらず「挺身隊、強制連行された慰安婦が出てきました」と書いたのです。自分の義理のお母さんの裁判を有利にするために紙面を使って嘘を書きました。それをまた韓国の政権が使い「『慰安婦』で机を叩くとお金が出る。(苦笑)技術援助が出てくる」これが盧泰愚政権の時ですね。

 盧泰愚さんが後になって、盧泰愚さんは本当は日本が大好きで『文芸春秋』が好きでしてね「『文芸春秋』に出たい出たい」と在任中2回インタビューに出たのですけど、『文芸春秋』のインタビューで「あれは日本のマスコミが火を点けたことでしょう」と言っています。

 しかしそうやって日本の左翼の反日運動を、韓国の右派が利用して机を叩いてお金をもらうという事をやった、その結果今の韓国はおかしくなりました。実は日本は『反日史観』がおかしいと言っていますが、韓国は『反韓史観』が蔓延してしまいました。ごく最近、韓国で親日的行為をした人間を裁く法律が韓国国会で通りましたね。(ざわめき)あれは全部北朝鮮の政治工作、思想工作なのです。

あの金日成という人は日本の統治時代に国内にいなかったのです。中国共産党の部隊の隊長でした。そのあとソ連に逃げてソ連の情報部隊の隊長をやっていたわけですね。共産主義者ですから民族のためよりも階級のために戦ったという、まぁそれはそれで彼の自由ですけれども、そういうことをやって帰って来たのです。国内にいた人たちは日本人でした。その中でいろいろなことがあったし異民族支配で悔しいこともあったけれども、しかし技術も学んだし近代化も進んでいたし、両方なのですよね。一方的には簡単に言えない。しかしそこの中にいた人たちはみんな、日本の名前を付けていたから親日派だとそういう論理ですよね。

 そして北朝鮮はそういう日本時代に協力した人間を大規模にパージしたのです。外から来た人間が政権をとって地主や知識人を全部パージしましたが、実は金日成の弟は親日派だったのです。日本軍の通訳をしていました。そのことを北は隠しているのです。しかし表向きはパージしたと思っています。



 韓国の方は李承晩大統領が海外にいましたけれど、しかし韓国軍を作る将軍たちは日本の士官学校を出た人たちが大部分ですね。警察や行政機関もそうしたのです。それは近代国家としてのノウハウを持っていたから使ったわけです。

我々の観点で親日派と言うのであれば「もう一度日本の総督府に戻ってきてください」と言い出す人が親日派ですよね。日本が負けた後も、日本時代に学んだ専門知識で大韓民国のために尽くした人たち、その人たちが作ったのが大韓民国です。そしてその代表が朴正熙大統領です。満州の士官学校文官学校を出て陸士を出ているわけです。北朝鮮は韓国の今の繁栄の基礎は「朴正熙大統領が親日派であるので、大韓民国というのは生まれた時から穢れているのだ」と、そういうふうに韓国の若者に刷り込む『反日史観』『反韓史観』を20年間やってきて、そして盧武鉉大統領になっちゃったわけです。
 
 そういう点では日本はさすがに『慰安婦問題』で「こんな馬鹿なことがあるか!事実とあまりにも違う」と92年~93年にかけての河野談話時、みんなで・・し始めてそして97年につくる会が出来て巻き返す押し返す運動がやっと始まり、そしてこういうことが出来るようになりました。しかし韓国はまだ押され続けて『反韓国家』になっています。

そういう点では日本はさすがに『慰安婦問題』で「こんな馬鹿なことがあるか!事実とあまりにも違う」と92年~93年にかけての河野談話時、みんなで・・し始めてそして97年につくる会が出来て巻き返す押し返す運動がやっと始まり、そしてこういうことが出来るようになりました。しかし韓国はまだ押され続けて『反韓国家』になっています。

 お互いにお互いの歴史を愛する環境を作らなければなりません。実は82年以前の日韓関係というのはそうだったんですね。この82年の時の最初の教科書問題の時に、私が一番印象的な韓国の社説(ソウル新聞という当時の政府系の新聞7月10日)は「日本が歴史を歪曲してまで子どもたちに愛国心を植え付けようとすることを、我々は見習わなくてはいけない!」そういう趣旨のことを書いています。(声を荒げて)「それぞれが愛国者を作るべきだと、そしてその愛国者同志が尊敬し合っていけばいいのだ」という関係が、1982年以前の1965年に朴正熙大統領は一度も『歴史問題』でお金をとる材料に使っておりません。「共産主義が来るから連帯しよう。朝鮮総連をもっと取り締まれ」とそういうことは言いましたけれども。

 そこにどうやって戻っていくのかというと、そのためにまず我々は日本の中の反日勢力を駆逐しなくてはなりません!(大拍手)自民党の中にいる反日勢力の責任は大きいと思います。(そうだ!大拍手)責任をとってもらわなくてはいけないと、そういうふうに強く思います!(大拍手)




http://aoinomama.trycomp.net/col3.cgi?mode=dsp&num=80&no=12

by fuji_ssss | 2007-02-01 22:00 | enjoy korea


<< 米誌タイム・アジア特集      冥王星 >>