2008年 12月 31日 ( 2 )


2008年 12月 31日

日本

世界で最も
日本国は世界で最も歴史の古い皇帝の血脈、【天皇】を国家元首として戴いてきた。
今上天皇は実に125代目にあたり、英国王室のエリザベス二世で38代目、
欧州最古といわれるデンマーク王室のマルガレーテ二世でさえ54代目である。
遥か神代から続くその万世一系の血筋は地球上に於いて比類なき重みと日本国の永劫の繁栄を象徴し、
自国の歴史に対する深い理解と気高い誇りを表している
c0059946_1127054.jpg


c0059946_110970.jpg世界で最初に
日本国は世界で最初に【隋】の冊封体制に反旗を翻した国である。
冊封体制とはいわゆる“中華思想”であり、
世界の中心に中華ありという傲慢な思想である。












世界で最長
日本国は世界で最も長い間、国内平安を維持した国である。
これはもちろん徳川幕府による260年の太平の時代のことである。
実に260年もの長期にわたって平安を維持した国は例がない。
c0059946_11140100.jpg


c0059946_1142445.jpg 世界で例なき
日本国は世界でも例のない、国家体制転換時の無血革命を成し遂げた国である。
徳川慶喜が大政奉還を行い朝廷が復権し、国が開かれた。
そして士農工商の階級制を廃したのは他でもない、
最も上位にあった武士階級である。
武士、つまり侍が己の利益を度外視し、
歴史的英断を可能にした背景には、
日本人の“滅私奉公”つまり公共心の完成度の高さを表しており、
現代日本にも受け継がれている。







世界で最初に
日本国は世界で初めて白人に対して国家間戦争を挑んだ有色人種である。それはつまり“日露戦争”である。
明治の後半にあっても未だアジアは白人の植民地支配による搾取に苦しめられ、
不等な虐殺やあからさまな条約違反に泣かされていた。
北からの脅威であるロシアが挑発的な南進を行うに至って、日本国はこれに対し断固抵抗、
日露戦争が勃発する。大平洋を我が者顔で歩くウラジオ艦隊を撃滅後、
ついに無敵と詠われたバルチック艦隊をも再起不能に貶める。

c0059946_1154585.jpg
c0059946_1162057.jpg
この出来事はアジアの各地に大いなる感動と勇気を与える。
“有色人種でも白人に勝てる”それを行動で示したのは日本である。
時のタイやインドの権力者は“日本絶賛”を高らかにうたった。
これは日本人の高い国防意識と、戦略・戦術両面の才能、また高度な民族独立精神を持っていたことの証しである。


世界で最大
日本国は世界で最大規模の戦争を戦った国である。
昭和に入り英米蘭露による日本包囲網はいよいよ締め付けを強め、
昭和16年日本国はついに国家存亡を賭けて大戦へと踏み切る。
大東亜戦争は世界史上最も激しい戦闘が最も長期間続いた戦いであり、実に3年9ヶ月に及ぶ。
また、聯合艦隊最後の艦隊決戦となったレイテ沖海戦(含エンガノ沖)は、
人類がこれまでに経験した最大の海戦である。
資源を持たない我が国がほとんど援助も無しに連合国と五分以上に戦い抜いた背景には、
日本国民の物質要素を超えた精神力と忍耐力を表している。
c0059946_11143960.jpg


世界で一国
日本国は世界でただ一国、植民地に対して国家予算を持ち出した国である。
白人の植民地支配は殺戮と搾取、不統一と無学化がその基本であった。
宗主国に対する敵愾心や反対行動を抑止するために、土着言語の禁止、教育の停止、集会や団体の禁止などを徹底し、その土地で得られた作物や工業・工芸品、鉱物などは統べて祖国へ送られ、
それをもとに奴隷を買うという悪魔のごとき蛮行であった。だが日本が進駐した台湾や朝鮮(現韓国)はどうか。
c0059946_1116126.jpg
日本は台湾、満州、朝鮮に対して多額の予算を投入。
学校の建設、インフラの整備、農地の開墾、工業力の発展に尽力してきた。また土着言語を尊重し、
民族の誇りを教育してきた。現在朝鮮にハングル文字が定着しているのも、
台湾がアジア有数の工業国に発展したのも、韓国がオリンピックを開催できるほどになったのも、
遡れば日本がおこなった徹底した整備と教育に繋がるのである。
これは日本人が強く持っていた民族の誇りと自立を決して自国に対してのみ用いなかったことを意味し、
ひいては民族同士の調和を望んでいた現れでもある。

c0059946_11173836.jpg世界を抜いて
日本国は大東亜戦争の敗戦により、
国力の統べてを使い果たした。
資源の備蓄は底をつき、労働人口は激減し、
国土はすべて焦土と化した。
ともすれば、日本国はそのまま
“極東の貧しい農耕島国”となっても誰も不思議には思わなかったであろう。
事実GHQは日本の農業国家化を計画していた。







だが、30年を経ずして現れた日本国の新たな姿は“経済大国”。
c0059946_11194764.jpg
しかも一気に世界を抜き去り、高みに昇ったのである。そして現在は世界第一位の債権国である。
つまり“一番金を貸してる国”なのだ。この超短期間での国家の変貌は世界史上類を見ない。

世界で唯一
日本国は世界でたったひとつの被爆国である。日本人の感覚ではもう慣れてしまったこの響き。
しかしよく考えるとこれは何とも凄まじい言葉である。
日本は他国により核兵器を投下された世界で唯一の国なのである。この事実をどう受け止めるか。
これは日本が願わずも手に入れた、世界に対する発言力と優位性を秘めている。
核兵器に対する肯定も否定も日本国のみが説得力をもって主張できるのである。
c0059946_11232458.jpg

日本国は世界で唯一、白人による植民地支配を受けていない有色人種国家である。
欧州民族が西へ東へ次々と食指を伸ばし、植民地競争を繰り広げ、ついに地球の裏側に達して“地球植民化”を達成せんとした矢先、最も東にあった最後の島国が驚異的な力でそれに立ち向かってきた。
c0059946_11235645.gif
あのまま、誰もが抵抗せずに世界情勢にのまれていたら、今の日本はないわけだ。
白人にしては予想外であった。だが我等が祖国は強靱に闘い抜き、ついにその主権と国土を守りとおしたのである。
さらに日本国が孤独に闘い続けた3年9ヶ月が過ぎた後に訪れたのは、アジアの解放であった。
欧米は次々と植民地を手放し独立を認めた。日本は戦争に負けたが“大東亜共栄”という現実を勝ち取ったのである。
インド、インドネシア、マレーシア、フィリピン等間接、直接に日本国の力のもとに独立を勝ち取った国がほとんどである。
c0059946_1124557.jpg
白人社会に宣戦布告をしたことで中東あたりの国、イラク、イラン、アフリカあのあたりの国は、有色人種が、アメリカ、イギリス、ロシア、当時の超大国に、ただの無資源小国日本があそこまで戦ったのが、勇気をくれたといわれている。
エジプトの初代首相の話で、日本の残した功績に私は強く打たれたという。
彼は自力でその後、イギリスから見事、独立を得た。


そして日本は世界で好感度No1にc0059946_11402097.jpg【※調査結果、国別では日本が首位】
c0059946_12532487.jpg
国際世論調査機関グローブスキャン(GlobeScan)が、BBCの依頼を受け、米メリーランド大(University of Maryland)と世界33ヶ国、約4万人を対象に実施された世論調査(poll)によると、日本は33ヶ国の中で最も好感度(positive influence)が高かった。(2006.2.19 )日本否定派が半数を超えた2カ国は中国と韓国。



まだまだありますよ

単独の国家を基準に考えた場合、世界第2位の経済力を持つ日本。
世界最大の自動車製造会社を持つ日本。
世界初に小惑星に探査機を着陸させた日本。
世界で唯一に海底11000mまで潜水できる探査船を持つ日本。
世界で唯一、地球のマントル層まで採掘できる掘削船を持つ日本。
世界最長の海底鉄道トンネルを作った日本。
世界一高い自立式鉄塔を作った日本。
世界一高い灯台を作った日本。
世界一に小さなトランジスタを作った日本。
世界一に多くの太陽光発電装置を生産する日本。
世界一に速く動くエレベーターを製造する日本。
世界一に速く走る電気自動車を製造した日本。
ロータリーエンジンを自動車用エンジンとして世界で唯一に実用化した日本。
一般の市販用として世界で最速のオートバイ(312.29km/h)を製造した日本。
世界一に大きなカラー表示画面(743.68m²(2651型))を製造した日本。
世界で最も古い企業(西暦578年に創業)が存在する日本。
世界最大の鉄道会社が存在する日本。
世界で最も多く3億冊以上は売れた漫画(ドラゴンボール)を作った日本。
固体燃料ロケットエンジンの推進力だけで人工惑星を打ち上げた唯一の国家である日本。
世界で最初に2本足のロボットを走らせた日本。
世界最大の液晶画面を販売する日本。
世界最大のPDPを販売する日本。
高速インターネット回線の料金が世界で一番に安い日本。
世界で最も長生きする日本人。
世界で最も長い王族が続く日本。
世界で最も古い小説を作った日本。
世界で最も古い木造建築物が存在する日本。
世界で最も大きな墓が存在する日本。
核保有国家以外で最初に核燃料再処理施設を持った日本。
世界で最も長い吊り橋を作った日本。
世界で最も回数が多く国連の非常任理事国になった日本。
世界で最も多くのanimeを製造する日本。
世界で最初の高速鉄道を完成させた日本。
世界で最も速いリニアモーターカーを作った日本。
外国に多くの資金を供給して、世界最大の債権国である日本。
アメリカ人の魂である野球の世界大会で優勝した日本。

by fuji_ssss | 2008-12-31 23:57 | japan
2008年 12月 31日

竹島

c0059946_16312186.gif
正確な位置関係を示すものとして、グーグルアースを使用する。
最初に、グーグルアースから朝鮮半島、日本列島、竹島、鬱稜島をトレースする。
次に、鬱稜島の測量ミスから出現した架空の鬱稜島(argonaut島)を1867年の「大日本沿海略図」を用いてプロットする。
朝鮮半島と日本列島間にある島は左(西)から順に、argonaut島、鬱稜島、竹島、隠岐島である。

このトレース図を用いて韓国が竹島だと捏造解釈している地図を重ねあわせてみる。
重ね合わせにあたって、朝鮮半島及び日本列島の地形がトレース図に一致するように、元地図を変形させることとした。

           <重ね合わせの結果>
c0059946_16323554.gif
c0059946_16325489.gif
c0059946_1633470.gif
以上、これらの地図に書かれている2つの島は「argonaut島」と「鬱稜島」であり、竹島ではありません。 

c0059946_16343253.gif
次に、鬱陵島と竹嶼(CHUKDO)と竹島の位置関係  ※位置はグーグルアースをトレース
c0059946_1635161.jpg
18世紀の鬱陵島図(右の小島に「所謂、于山島」と書かれている)
c0059946_1636068.gif
c0059946_16361630.jpg
19世紀の鬱陵島図(右の小島に「于山」と書かれている)
c0059946_16371227.jpg
1834年 靑邱圖(右の小島に「于山」と書かれている)
c0059946_1638236.jpg
1899年 大韓全図(右の小島に「于山」と書かれている)
c0059946_16381443.gif
韓国が独島と言っているのは竹嶼(CHUKDO) 


移動する竹島【韓国資料(笑)】
c0059946_22545823.jpg
1530年に韓国で発行した八道総図 鬱陵島と于山島(韓国人の言う 独島)の位置が逆c0059946_22552382.jpg





←今度は上に  ↓鬱陵島と于山島の位置関係が近すぎ
c0059946_22555353.jpg
c0059946_22562333.gif

日本の正確な地図
c0059946_23385813.jpg
改正日本輿地路程全図  1779年 (竹島は右上)

c0059946_23402790.jpg
日本の1837年の地図
江戸時代に竹島(独島)を正確に記述した地図は、この他にもたくさんあります。韓国は0枚です。
近代以前の呼称もありません。 ※日本はMATSUSHIMA。
上陸許可記録もありません。 ※日本は1656年。
経営記録もありません。 ※日本は1650年代、HOUKI藩(鳥取)のOTANI氏、MURAKAWA氏が徳川幕府から拝領し経営。
法的根拠もありません。 ※日本は1905年1月28日「島根県告示40号」

島根県の竹島問題研究会 「韓国の古地図 偽装の可能性高い」

島根県が設置した竹島問題研究会が二十五日、松江市内であり、委員から、韓国に残る古地図の現段階での分析結果を基に、同国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)は長年、位置すら正確に把握されず、朝鮮領との認識もなかったとする研究報告が行われた。韓国側は、六世紀前半から自国領だった「于山島」が現在の竹島と強調し、領有権の正当性を示す根拠としている。これに対し、同研究会の委員を務める島根大学法文学部の舩杉力修助教授は、十五世紀から二十世紀初めの韓国の古地図約六十点を分析。十七世紀までは、于山島を現在の竹島の北西約九十キロに位置する鬱陵島と同じ島にしたり、鬱陵島の西側の朝鮮半島との間に描いているケースが多数あることが分かった。さらに、十八世紀以降になると、于山島を鬱陵島の東側に置いてはいるものの、同島のすぐ近くに描いていることも確認。その結果、于山島は鬱陵島の東側約二キロの地点にある現在の竹嶼(Chukdo)と考えるのが妥当とした。にもかかわらず、于山島が現在の竹島と理解されている背景には、十七世紀後半に日本に密航した朝鮮人の安龍福が、両島は同じ島で、江戸幕府に朝鮮領であると認めさせたという「偽証」があると見られる。
山陰中央新報(2005/10/27) http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/106825006.html
c0059946_21452511.jpg


by fuji_ssss | 2008-12-31 16:50 | japan