enjoy korea

fujissss.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 29日

起源

起源を主張しても、それはほとんどが他国で今も息づく文化のみ。
日本の文化の起源を主張しても、法隆寺は百済式だから日本の文化の根は韓国だとか
韓国に現在、起源の主張を裏付ける文化財はあるのかと問われれば
やれ日帝が焼き払っただの、日帝が奪っただの、その根拠のほとんどが「日本」。

起源?それでは世界的に見て韓国独自の文化はどれほどあるのか?
日本にも中国にも無い、胸を張って誇れる韓国オリジナルの文化はどこに存在するのか?

韓国人の主張のほとんどに「他国」が必要だ。
とりわけ「日本」は彼らの主張には無くてはならない要素。

日本の文化の起源をいくら主張しても、相対的に韓国の評価が上がることはない。
日本の評価が韓国に還元されることはない。


韓国民が「なんでもかんでもウリジナル(我国起源)」を信じ込むようになったのは、中年以下の世代が漢字を読めなくなったからだという見方がある。おそらく正しいと思われる。

 黄禹錫教授の虚偽論文事件を大々的に報じる韓国紙をテレビで見たが、黄の字(つまり姓)を漢字で書いたのが1紙だけ。あとは皆、一面全部がハングル文字で埋め尽くされていた。

 あくまで画面に映った範囲に限られるが、一字も漢字のないハングル新聞を読んでいる韓国民は、問題教授の姓名すら「ファンウソク」という音で「聞いて」いることになる。実際、若い世代になると、自分の名前さえ漢字で理解していないといわれ、いわんや他人の名前を漢字の「意味」で理解するという習慣は、もはや廃絶したといっていいだろう。

by fuji_ssss | 2007-01-29 22:19 | enjoy korea
2007年 01月 29日

事故

c0059946_21595153.jpg
c0059946_220049.jpg
同じ事故の写真ではありません。
韓国に行った事のある方なら知ってると思いますが、韓国のバスはこーゆう事故になる運転をします。

by fuji_ssss | 2007-01-29 21:58 | enjoy korea
2007年 01月 29日

日本+モンゴル+中国

韓国の人種は日本+モンゴルツングース+中国

NHKスペシャル日本人はるかな旅より
朝鮮半島の南端、韓国慶尚南道の三千村の沖合にある勒島遺跡群から、朝鮮の土器とは明らかに文化圏を異にする縄文土器や、縄文の道具類が見つかっており、釜山広域市影島(ヨンド)区にある東三(トンサム)洞貝塚からも、7千(B.C.5000)~3千(B.C.1,000)年前(縄文並行期)頃の、縄文人が日本列島から持ってきた縄文土器や、交易品であった九州産の黒曜石などが数多く見つかっている。

貝塚shellmound[世界の貝塚]
東シナ海地域も貝塚の豊富な地域で,日本の縄文土器を伴出する東三洞貝塚や弓山貝塚などの大型貝塚があり,さらに農耕がおもな生業となった後も金海貝塚や羊頭窪 (ようとうわ) 貝塚のように貝類の採捕は続く。
九州大学大学院比較社会文化研究院教授 小池裕子

東三洞遺跡
隆起文のある平底の深鉢などと共伴して,縄文時代前期の轟式,塞ノ神式,曾畑式土器が出土した。縄文時代中期の阿高 (あたか) 式および阿高系土器が伴出した。 東三洞II期層には,黒曜石製石器が伴い,この時期にカキ類の採集が盛行した。上層の東三洞III期層では,二重口縁に,無文の平底土器が多くなる。
この層からは,縄文時代後期の西平式と鐘ヶ崎系土器が共伴した。このように,侯目文土器時代の全期間にわたって貝層が形成され,また,日本の縄文文化とも交流をもったことがわかる。
九州大学大学院人文科学研究院教授 西谷正

東三洞遺跡で出土する縄文土器と九州産黒曜石の写真
韓国語 http://j2k.naver.com/j2k.php/korean/www.asahi-net.or.jp/~XN9H-HYSK/tour/korea/album.htm
日本語 http://www.asahi-net.or.jp/~XN9H-HYSK/tour/korea/album.htm

高句麗[前史]
高句麗の成立した地域は,古くから北方諸文化受容の窓口であった。朝鮮には旧石器時代人がいたが消滅し,その後南方からの移住民が居た形跡がある。前 40 世紀ごろから,蒙古人種,ツングース人種を主とし,東部シベリアの古アジア人などが,朝鮮地方に移住した。
東北大学名誉教授 井上秀雄 

[朝鮮人]
北部の朝鮮人は満州族に,南部は日本人に似ているが,例外として,モンゴル帝国の占領下にあった済州島人の頭形は満州族に近く,平安南道・南北黄海道人の頭形はもっとも華北型に近い。ツングース族に属する満州族や東部シベリアの古アジア諸族などが,前 40 世紀ごろから朝鮮半島に移住し,これより前に南方から移住してきた人々と共存していたとも考えられている。
東北大学名誉教授 井上秀雄  

旧石器人の絶滅→縄文時代日本人進入→北方からのモンゴルツングース進入→中国人進入
原日本人+モンゴル人+中国人=韓国人


韓国の文化と血統のルーツは日本とシベリアと中国

文化も日本+モンゴル+中国
c0059946_21201178.jpg
国旗もc0059946_2262017.jpg
c0059946_2265616.jpg
名前も
c0059946_21211218.jpg

歴史も日本+モンゴル+中国
c0059946_21235339.jpg
儒教の影響か、誰よりも源流や起源に拘る韓国人ですが,東アジアで最も源流になれないのが韓国です。
韓国=日本+モンゴル+中国

最も源流、宗主国になりたがる韓国人が最も源流にならない国
韓国には固有の文化も血統もアイデンティティも完全に無い・・


アイデンティティとオリジナリティー溢れる日本文明
日本
文化:神道や武士道の独自の文化
国旗:神道の太陽信仰を象徴化した国旗
国技:神話の時代古墳時代から続く相撲
人種:日本固有縄文系と中国モンゴル系のmix

世界で中華文明に属すると考えられる韓国
韓国
文化:儒教や道教の中国文化を物真似し
国旗:道教の思想を象徴化した国旗を掲げる
国技:日本の空手のPAKURIして50年前に作ったテコンドー
人種:固有の血統が無く日本モンゴル中国のmix

by fuji_ssss | 2007-01-29 21:17 | korea
2007年 01月 29日

世界最古

世界一長い国家の歴史
c0059946_1262221.jpg
世界最古の木造建築
c0059946_1311493.jpg
薬師寺↓ 680年の建築。これも世界で2番目に古い木造建築
c0059946_1522143.jpg
金閣寺↓1396年の建築。1950年、朝鮮-人が放火して焼失
c0059946_1531032.jpg
日光東照宮↓1634年の建築。世界遺産
c0059946_154784.jpg


世界一歴史が長い皇室
天皇陛下は現存する最古にして最後の皇帝。
天皇陛下(emperor)≧ローマ法王(Pope)>英国女王(Queen)> アメリカ大統領etc(president)
エリザベス女王も天皇陛下と同席するときは上座を譲るし、当然アメリカ大統領だって空港へホワイトタイで出迎えます。
アメリカ大統領がこの歓迎の仕方をするのは、天皇陛下とローマ法王と英国君主のみ。

世界最大のお墓
c0059946_1481951.jpg
c0059946_133490.jpg

エジプトクフ王ピラミッド・全長 230m
中国始皇帝陵・全長 350m
日本仁徳天皇陵・全長 850m
世界最大のお墓は日本の仁徳天皇陵古墳


世界最大の木造建築
c0059946_1491616.jpg

日本 ▲ 東本願寺 御影堂 幅76m 奥行58m

中国▲ 紫禁城 太和殿  幅63m 奥行33m 東大寺の大仏↓752年の作成。
世界最大の金属製大仏
c0059946_149388.jpg
c0059946_2320499.jpg
源氏物語(世界最古長編小説)

--------------------------------------------------------------------------------

ウィリアム・グリフィス『隠者の国・朝鮮』
William Elliot Griffis, Corea the Hermit Nation, Kessinger, 2004.

朝鮮の建築はきわめて原始的な状態にある。城郭、要塞、寺院、修道院および公共建築は、日本や中国の壮麗さにまるで及ばない。この国は古い歴史を誇っているのに、石造の遺跡がほとんどない。住居は瓦葺きか藁葺きで、ほとんど例外なく一階建てである。小都市では規則的な通りに配置されておらず、あちこちに散在している。大都市や首都でも、通りは狭くて曲がりくねっている。(p. 262)



--------------------------------------------------------------------------------


イザベラ・バード(林尚得訳)『朝鮮奥地紀行』平凡社, 1993年

ソウルには美術の対象になるものが何も無く、古代の遺物ははなはだ少ない。公衆用の庭園も無く、行幸の稀有な一件を除けば見せものも無い。劇場も無い。ソウルは他国の都市が持っている魅力をまるで欠いている。ソウルには古い時代の廃墟も無く、図書館も無く、文学も無い。しまいには、他には見出せないほどの宗教に対する無関心から、ソウルは寺院無しの状態で放置されている。1巻, 106-107頁)


--------------------------------------------------------------------------------

W・R・カールズ『朝鮮風物誌』

われわれはすぐに、日本家屋が立ち並ぶ一帯を通り抜けることになった。これらの日本家屋は、最近外国人たちとの商売で大きな利益を上げている小商人たちが建てたものだった。こうした種類の家は、あえて比較するなら、日本領事館のような高級建築と、そこで働きながら仮住まいをする韓国人たちのあばら家の中間程度だった。日本家屋はすべて魅力的な反面、韓国人たちの家は、通風装置がまったくなっておらずにおいがひどい道路の両側に散らばって立つ、草ぶき屋根と土塀の家だった。(p. 28)


--------------------------------------------------------------------------------

フランツ・フォン・シーボルト『日本』
フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト(尾崎賢治訳)『日本・第五巻』雄松堂出版, 1978.

朝鮮の工業技術は隣国の中国や日本と比べてずっと遅れているように思う。木工は断然といってよいほど遅れており、陶磁器の作りはひどく粗末である。鉄器、特に刀その他の刃物は価値が低い。

by fuji_ssss | 2007-01-29 01:24 | japan
2007年 01月 29日

創氏改名

韓国では創氏改名で朝鮮@人の名前を奪い、農村から人々トラックに詰め込み、
男を日本の強制労働所に送り、女を軍の性奴隷にしたはずなのに・・・

当時の首相だった大隈重信に、優秀だったため表彰された日本憲兵隊員たち
(しっかり朝鮮名で表彰されてます。)
c0059946_0123782.jpg

徴兵を希望する人や工場での勤務を希望する人への解説書
(非常に丁寧で事細かに書いてある。これを見る限りにおいては農村から人々トラックに詰め込み、男を日本の強制労働所に送ったなどという背景は想像できない。)
昭和18年には6千3百人の志願兵募集に対して、実に30万人以上の青年が応募し、倍率は48倍にも達した。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog190.html
c0059946_016696.jpg

日本人として大東亜戦争に参加した朝鮮志願兵
c0059946_0131264.jpg
c0059946_0132517.jpg
もう一つは、韓民族が戦争中に見せた、日本と一体となって戦い抜く姿勢である。その筆頭は日本の陸軍士官学校を出て、めざましい働きをした軍人たちである。まず陸軍中将まで栄進した洪思翊。日本人部隊を率いて抜群の勲功を立て、軍人として最高の名誉の金鵄勲章を授与された金錫源・陸軍大佐。戦後、大統領となった朴正熙は、陸軍士官学校を出て、終戦時は満州国軍中尉だった。

 こうした人々の活躍に刺激されて、昭和18年には6千3百人の志願兵募集に対して、実に30万人以上の青年が応募し、倍率は48倍にも達した。血書による嘆願も数百人にのぼり、希望が入れられずに自殺までした青年も現れて、総督府を困惑させた。大東亜戦争に軍人・軍属として出征した朝鮮青年は合計24万人にのぼり、そのうち2万1千余人が戦死して靖国神社に祀られている

朝鮮に徴兵制が敷かれたのは1944年秋。閣議決定が4月であり、その前の朝鮮兵はすべて志願兵なのです。

by fuji_ssss | 2007-01-29 00:23 | korea
2007年 01月 28日

江戸時代

c0059946_23102848.jpg
当時の武家屋敷の雰囲気を伝える貴重な写真
c0059946_23103838.jpg
武家屋敷の表門
c0059946_23113175.jpg
不忍池。現在の上野公園です。
c0059946_2312475.jpg
新富町の歌舞伎劇場、新富座。江戸にはいくつかの歌舞伎劇場があり、庶民の娯楽として親しまれました。
c0059946_22301715.jpg
江戸時代の食事仕度
c0059946_22303526.jpg
茶屋でお茶お飲む女性
c0059946_22304849.jpg
江戸末期の庶民の酒盛り
c0059946_2231276.jpg
江戸時代の屋台のすし屋 江戸時代には屋台で寿司を出していた。
c0059946_22384587.jpg
1863年の江戸

李氏朝鮮時代の食事の仕度風景
c0059946_2232651.jpg
c0059946_22322638.jpg
c0059946_22324043.jpg


by fuji_ssss | 2007-01-28 22:29 | japan
2007年 01月 28日

シャルル・ダレ

シャルル・ダレ『朝鮮事情』
シャルル・ダレ(金容権訳)『朝鮮事情』東洋文庫367, 平凡社, 1979.
シャルル・ダレ (Charles Dallet, 1829~1878) フランス人宣教師

道路が無い未開国家
この山国では、道路と運輸機関とが実に不足し、それが大規模な耕作を妨げている。人びとは、各自の家の周囲とか手近なところを耕作するだけだ。また、大部落はほとんどなく、田舎の人びとは三、四軒、多くてせいぜい十二、三軒ずつ、固まって散在している。年間の収穫は、住民の需要をかろうじて満たす程度であり、しかも朝鮮では、飢饉が頻繁にみられる。 (p. 20)

中国の属国
一六三七年に締結された条約は、清に対する朝鮮の実際上の隷属条件を加重することはなかったが、形式的には、これまでよりいっそう屈辱的な従属関係のものとなった。朝鮮国王は清国皇帝に対して、たんに叙任権を認めるばかりでなく、身分上の直接の権限、すなわち主従(君臣)関係まで承認しなければならなくなった。 (p. 34)

王宮すらも小さい未開建築
朝鮮の王宮は、パリの少しでも余裕ある年金生活者でも住むのを嫌がるようなつまらない建物である。王宮は、女と宦官で充ちている。 (p. 53)

不潔で未開
ソウルは、山並みに囲まれており、漢江の流れに沿って位置し、高くて厚い城壁にかこまれた人口の多い大都市であるが、建築物には見るべきものはない。かなり広いいくつかの道路を除いては、曲がりくねった路地だけがあり、この路地には空気も流れることなく、足にかかるものといえばごみばかりである。家はふつう瓦で覆われているが、低くて狭い。 (p. 64)

お金で何でも出来る腐敗国家
官吏の地位は公然と売買され、それを買った人は、当然その費用を取り戻そうと努め、そのためには体裁をかまおうとさえしない。上は道知事から最も下級の小役人にいたるまで、徴税や訴訟やその他のすべての機会を利用して、それぞれの官吏は金をかせぐ。国王の御使すらも、極度の破廉恥さでその特権を濫用している。 (p. 71)

中国の劣化コピー学問
その一つは、朝鮮における学問は、全く民族的なものではないという点である。読む本といえば中国のもので、学ぶ言葉は朝鮮語でなく漢語であり、歴史に関しても朝鮮史はそっちのけで中国史を研究し、大学者が信奉している哲学体系は中国のものである。写本はいつも原本よりも劣るため、朝鮮の学者が中国の学者に比べてかなり見劣りするのは、当然の帰結である。 (pp. 130-131)

科挙試験など無く買収できる両班の地位
昔日のことはさておき、こんにち公開試験〔科挙〕が極めて堕落していることは確かである。こんにちでは、最も学識があり最も有能な人に学位免許状が授与されるのではなく、最も多額の金を持った者や最も強力な保護者のいる人びとに対して与えられている。 (p. 135)

両班地獄
朝鮮の貴族階級は、世界中で最も強力であり、最も傲慢である。他の国々では、君主、司法官、諸団体が貴族階級を本来の範囲内におさえて、権力の均衡を保っているが、朝鮮では、両班の人口が多く、内部では対立しているにもかかわらず、自分たちの階級的特権を保持し拡大するために団結することはよく心得ており、常民も官吏も、国王すらも、彼らの権力に対抗することができないでいる。 (p. 192)

男尊女卑
朝鮮においても、他のアジア諸国と同じように、風俗は甚だしく腐敗しており、その必然的な結果として、女性の一般的な地位は不快なほどみじめで低い状態にある。女性は、男性の伴侶としてではなく、奴隷もしくは慰みもの、あるいは労働力であるにすぎない。 (p. 212)

怠け者
この世では、もっとも良いことでも、常に悪い反面を伴っている。これまで述べた質朴な習慣にも、いくつかの不都合な点がある。その中でももっとも重大なことは、それらの習慣が、一群の悪い奴らの怠けぐせを野放しにすることである。これらの者は、人びとの歓待をあてにして、全く仕事をしないで、あちこちをぶらぶらしながら生活する。もっとも図々しい者になると、豊かな人や余裕のある人の家にまるまる数週間も身を落ち着け、服までも作ってもらう。 (p. 265)

感情的
朝鮮-人は一般に、頑固で、気難しく、怒りっぽく、執念深い。それは、彼らがいまだ浸っている半未開性のせいである。異教徒のあいだには、なんらの倫理教育も行われていないし、キリスト教徒の場合も、教育がその成果をあらわすまでには時間がかかる。大人は不断の怒りを笑って済ませるから、子供たちは、ほとんど懲罰を受けることもなく成長し、成長した後は、男も女も見さかいのないほどの怒りを絶え間なく爆発させるようになる。 (p. 269)

軍隊
しかし不思議なことに、にもかかわらず軍隊は概して非常に弱く、彼らは重大な危機があるとさえ見れば、武器を放棄して四方へ逃亡することしか考えない。たぶんそれは、訓練不足か組織の欠陥のためであろう。有能な将官さえいれば、朝鮮-人はすばらしい軍隊になるだろうと、宣教師たちは確信している。 (p. 270)

強欲浪費家国民
朝鮮-人は、金儲けに目がない。金を稼ぐために、あらゆる手段を使う。彼らは、財産を保護し盗難を防ぐ道徳的な法をほとんど知らず、まして遵守しようとはしない。しかしまた、守銭奴はほとんどいない。いるとしても、富裕な中人階級か商人のあいだにいるにすぎない。この国では、現金の二、三万フランもあれば金持だといわれる。一般に彼らは、欲深いと同時に、無駄づかいも多く、金を持てば余すところなく使ってしまう。 (p. 272)

無駄飯大食らい
朝鮮-人のもう一つの大きな欠点は、暴食である。この点に関しては、金持も、貧乏人も、両班も、常民も、みんな差異はない。多く食べるということは名誉であり、会食者に出される食事の値うちは、その質ではなく、量ではかられる。したがって、食事中にはほとんど話をしない。ひと言ふた言を言えば、食物のひと口ふた口を失うからである。そして腹にしっかり弾力性を与えるよう、幼い頃から配慮して育てられる。母親たちは、小さな子供を膝の上に抱いてご飯やその他の栄養物を食べさせ、時どき匙の柄で腹をたたいて、十分に腹がふくらんだかどうかをみる。それ以上ふくらますことが生理的に不可能になったときに、食べさせるのをやめる。 (p. 273)

未熟な建築技術
朝鮮の家屋は、一般に、非常に小さく不便である。台所の煙を送りだす通管〔房管〕を下に通す必要上、地面よりも少し高く建てられているが、しかしソウルでは、必ずしもこの方法が一般的とはなっていない。これは、冬場をしのぐにはかなり便利であるが、夏場になると、熱気が屋内にこもって、まるで人びとに耐えがたい体罰を課していると同じような状態になるからである。で、おおかたの人は戸外で眠る。 (pp. 300-301)

不潔な人々
衣服は、白衣ということになっているが、しかし、ちゃんと清潔さを保っているのはとても労力のいることなので、たいていの場合、濃厚な垢のため色変わりしている。不潔ということは朝鮮-人の大きな欠陥で、富裕な者でも、しばしば虫がついて破れたままの服を着用している。 (pp. 303-304)

学問は中国の劣化コピー
朝鮮では、ある種の科学研究は国家が保護しているし、またそれらの発展を奨励するため政府によって建てられた専門の学校がある。にもかかわらず、研究はほとんど取るに足りない。正式の天文学者は、毎年北京からもたらされる中国の暦を利用するに必要な知識をもっているくらいで、あとはばかばかしい占星術のきまり文句を知っているだけである。 (p. 307)

何世紀も科学と産業が進歩しない遅れた国
朝鮮-人は、科学研究の分野においてほとんど進歩のあとを見せていないが、産業の知識においては、なおさら遅れている。この国では、数世紀もの間、有用な技術はまったく進歩していない。 (p. 309)

貨幣制度
商業の発達に大きな障害になっているものの一つに、不完全な貨幣制度がある。金貨や銀貨は存在しない。これらの金属を塊にして売ることは、多くの細かい規則によって禁止されている。例えば、中国の銀を朝鮮のものと同じ棒状に鋳造して売ってもいけない。必ずや見破られ、棒状の銀は没収されたうえ、その商人は重い罰金をとられ、おそらく笞刑に処せられるだろう。合法的に流通している唯一の通貨は、銅銭である。 (p. 313)

道路も無い
商取り引きにおけるもう一つの障害は、交通路のみじめな状態である。航行の可能な河川は非常に少なく、ただいくつかの河川だけが船を通すが、それもごく制限された区域の航行が許されているだけである。この国は、山岳や峡谷が多いのに、道路を作る技術はほとんど知られていない。したがってほとんどすべての運搬が、牛か馬、もしくは人の背によって行われている。 (pp. 314-315)

自己保身の為に国民を捨て鎖国する権力者
しかし政府は、おのれの保持のためには必要であると信じているこの鎖国を、細心に固守しており、いかなる利害や人道上の考慮をもってしても、これを放棄しようとしない。一八七一年、一八七二年の間、驚くべき飢饉が朝鮮をおそい、国土は荒廃した。あまりのひどさに、西海岸の人のうちには、娘を中国人の密貿易者に一人当たり米一升で売るものもいた。北方の国境の森林を越えて遼東にたどりついた何人かの朝鮮-人は、むごたらしい国状を図に描いて宣教師たちに示し、「どこの道にも死体がころがっている」と訴えた。しかし、そんな時でさえ、朝鮮政府は、中国や日本からの食料買い入れを許すよりも、むしろ国民の半数が死んでいくのを放置しておく道を選んだ。 (p. 322)

ロシアに食われることが間違いない
アジアの北東部から日増しに侵略の歩を進めているロシア人によって、いずれその難関は突破されるだろう。一八六〇年〔北京条約のこと〕から、彼らの領土は朝鮮と隣接するようになり、これら二国間で、国境問題と通商問題に関してさまざまな難問が起こった。これらの問題は、今後も間違いなく繰り返されるであろうし、いつの日にか、朝鮮はロシア領に併合されてしまうであろう。 (p. 323)
c0059946_18254362.jpg


by fuji_ssss | 2007-01-28 18:25 | korea
2007年 01月 28日

両替

1904年、朝鮮を取材に来て150ドルを銅銭に両替して呆然とするアメリカ人新聞記者の写真
c0059946_1821287.jpg
日露戦争の取材の為、朝鮮を通る事になったアメリカ人記者が釜山で両替した時の写真。
奥地では銅銭しか通用しないので両替の必要があった

by fuji_ssss | 2007-01-28 18:20 | enjoy korea
2007年 01月 28日

マレー人

大東亜戦争を語るマレー人
c0059946_1524599.jpg
日本軍から授与された賞状とイスマイル・ビン・ラザク氏 
1927年マレーシア ペナン生まれ 78歳 日本語タイ語を理解する イスラム教徒マレー人
       
日本人が我々マレー人をたすけに来た。ほんとうに嬉しかった。
マレー人は日本軍を歓呼し迎え入れて協力したのです。  
    

Q.ペナンに日本軍が進駐しましたが、マレー人を差別したり虐めたりしたことはありましたか。

  まったくありません。
  日本軍は私たちに学校教育をうけさせてくれた。
  日本軍の先生がマレー語で教えてくれました。
 
  仕事もできるようになり、給料もちゃんと払ってくれた。
  イギリスがいたときとは全然違います。イギリスは私たちに教育や仕事をやらせなかった。
 
  日本人はマレーをマレー人に任せるようにしたのです。
  その時のマレーと日本の約束は「お互いに協力していこう」ということでした。
  マレーは良くなったのです。中国人はジャングルに逃げたままでした.

  私たちはイギリス人に蔑まれ虐められていたのですから。
  ほんとうに日本軍に感謝しました。

  17歳で日本海軍に入りました。募集していてテストを受けたのです。
  人気がありました。競争率も高かったはずです。
給料は一月300円でしたが、日本軍人と比べても十分なお金でした。食べ物も十分ありました。
  マレー人と日本人との間にに問題はありませんでした

  「アジアを解放する」という名目だった大東亜戦争.  
  こじつけだという人もいますが,いえいえ,そんなことはありません.

      事実,マレーシアという国があるのですから


The World War 2 Japanese Military Museum of Khun Yuam より抜粋。

by fuji_ssss | 2007-01-28 15:00
2007年 01月 25日

好感度

2008年6月12日にリリースされたピュー・リサーチ・センターの国際世論調査より、
日・中・韓3カ国の世界好感度調査
c0059946_21541295.jpg
製品に対する評価
c0059946_037589.jpg


by fuji_ssss | 2007-01-25 21:54 | japan