enjoy korea

fujissss.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 15日

白人が見た日韓の違い

開国以前から圧倒的な差の日韓



日本の高い技術に驚く西洋人
--------------------------------------------------------------------------------
C・P・ツュンベリー『江戸参府随行記』
この国民は必要にして有益な場合、その器用さと発明心を発揮する。そして勤勉さにおいて、日本人は大半の民族の群を抜いている。彼らの鋼や金属製品は見事で、木製品はきれいで長持ちする。その十分に鍛えられた刀剣と優美な漆器は、これまでに生み出し得た他のあらゆる製品を凌駕するものである。農夫が自分の土地にかける熱心さと、そのすぐれた耕作に費やす労苦は、信じがたいほど大きい。 (pp. 222-223)
工芸は国をあげて非常に盛んである。工芸品のいくつかは完璧なまでに仕上がっており、ヨーロッパの芸術品を凌駕することもある。ただ、一方ではヨーロッパの水準に達しないものがある。日本人は鉄や銅を使って非常に良い仕事をする。絹地や木綿地は、他のインド地域からの生産品より勝ることもあるがほぼ同程度である。漆器製品、それも特に古い物は、これまでにそれを生産した他のどの民族の品にも勝っている。 (p. 287)

--------------------------------------------------------------------------------
ゴロヴニン『日本幽囚記』
日本人は農業、園藝、漁業、狩獵、絹および綿布の製造、陶磁器および漆器の製作、金屬の研磨については、殆んどヨーロッパ人に劣らない。彼らは礦物の精煉もよく承知して居り、いろいろな金屬製品を非常に巧妙に作っている。指物および轆轤業は日本では完成の域に達している。その上、日本人はあらゆる家庭用品の製造が巧妙である。だから庶民にとつてはこれ以上、開化の必要は少しもないのである。 (下巻, p. 31)
これについて特記すべき點は、日本の銅器が極めて精巧にできてゐることである。われわれは日本で使つてゐた薬罐の丈夫さに何度も驚かされたものである。薬罐は何ケ月も囲爐裏に掛けつぱなしになつてゐても、少しも痛まないのであつた。 (下巻, p. 128)
日本で出来るほどの漆器類はどこに行っても出来はしない――といふことはもうヨーロッパ人も知つてゐる。 (下巻, p. 150)
鋼製品はどうかといふと、日本の大小刀は、おそらくダマスク製を除いて、世界中のあらゆる同種の製品を凌駕している。それは極端な試練に堪へるものである。鋼その他あらゆる金屬の研磨にかけては、日本人は一頭地を抜いてゐる。彼らは金屬の鏡まで作るが、それはガラスの鏡と同様に立派に反射するのである。われわれは日本の指物や大工道具をたびたび見たが、それは丈夫さから云つても、仕上げの美事さから云つても、イギリス製にほとんど劣らない。 (下巻, p. 149)
日本の陶器は支那の陶器より遥かにすぐれてゐる。ただ大變に高價で、全國の需要をみたせない位に僅かしか生産しないので、日本人は支那から澤山の陶器を輸入してゐる。 (下巻, p. 150)

--------------------------------------------------------------------------------
ヴァリニャーノ『日本巡察記』
日本人の家屋は、板や藁で覆われた木造で、はなはだ清潔でゆとりがあり、技術は精巧である。屋内にはどこもコルクのような畳が敷かれているので、きわめて清潔であり、調和が保たれている。 (p. 6)
彼等は外國人によつて齎された改良を觀察するのが極めて早く、忽ち自らそれを會得し、非常な巧みさと精確さとを以てそれを模するのである。金属に彫刻するのは甚だ巧みであり、金属の肖像を鑄ることもできる。 (1巻, p. 142)
木材及び竹材加工に於て、彼等に優る國民はない。彼等は又世界に優るものなき一つの技術を有している。それは木材製品の漆塗りの技術である。他の諸國民は多年に亙つて、この技術に於て彼らと形を比べようと試みたが成功しなかつた。 (1巻, p. 143)
彼等は磁器を製作してゐるのだし、また或る人の語るところによれば支那人よりももっと立派に製作することができると云ふ。兎に角、吾々が見た日本磁器の見本は甚だ織巧美麗である。但し或る筆者の語るところによると、最良質の粘土が盡きたために、現在では嘗てのやうに立派に製造することができないと云ふ。 (1巻, p. 144)

--------------------------------------------------------------------------------
M・C・ペリー『日本遠征記』
日本人は極めて勤勉で器用な人民であり、或る製造業について見ると、如何なる国民もそれを凌駕し得ないのである。 (1巻, p. 141)
彼等は外國人によつて齎された改良を觀察するのが極めて早く、忽ち自らそれを會得し、非常な巧みさと精確さとを以てそれを模するのである。金属に彫刻するのは甚だ巧みであり、金属の肖像を鑄ることもできる。 (1巻, p. 142)
木材及び竹材加工に於て、彼等に優る國民はない。彼等は又世界に優るものなき一つの技術を有してゐる。それは木材製品の漆塗りの技術である。他の諸國民は多年に亙つて、この技術に於て彼らと形を比べようと試みたが成功しなかつた。 (1巻, p. 143)
彼等は磁器を製作してゐるのだし、また或る人の語るところによれば支那人よりももっと立派に製作することができると云ふ。兎に角、吾々が見た日本磁器の見本は甚だ織巧美麗である。但し或る筆者の語るところによると、最良質の粘土が盡きたために、現在では嘗てのやうに立派に製造することができないと云ふ。 (1巻, p. 144)
彼等は数学、機械学及び三角法を幾らか知っている。このやうにして彼等は同國の甚だ立派な地図をつくつたのであつた。 (1巻, p. 152)
實際的及び機械的技術に於いて日本人は非常な巧緻を示してゐる。そして彼等の道具の粗末さ、機械に對する知識の不完全を考慮するとき、彼等の手工上の技術の完全なことはすばらしいもののようである。日本の手工業者は世界に於ける如何なる手工業者にも劣らず練達であつて、人民の発明力をもっと自由に發達させるならば日本人は最も成功してゐる工業國民[マニュファクチャ-リング・ネーションズ]に何時までも劣つてはゐないことだらう。他の國民の物質的進歩の成果を學ぶ彼等の好奇心、それを自らの使用にあてる敏速さによつて、これ等人民を他國民との交通から孤立せしめてゐる政府の排外政策の程度が少ないならば、彼等は間もなく最も惠まれたる國々の水準にまで達するだらう。日本人が一度文明世界の過去及び現在の技能を所有したならば、強力な競争者として、将来の機械工業の成功を目指す競争に加わるだろう。 (4巻, pp. 127-128)

--------------------------------------------------------------------------------
ハリス『日本滞在期』
私は、スチーム(蒸氣)の利用によって世界の情勢が一變したことを語った。日本は鎖國政策を抛棄せねばならなくなるだろう。日本の國民に、その器用さと勤勉さを行使することを許しさえするならば、日本は遠からずして偉大な、強力な國家となるであろう。 (下巻, p. 87)

--------------------------------------------------------------------------------
オールコック『大君の都』
日本人は、おそらく世界中でもっとも器用な大工であり、指物師であり、桶屋である。かれらの桶・風呂・籠はすべて完全な細工の見本である。 (上巻, p. 375)
物質文明にかんしては、日本人がすべての東洋の国民の最前列に位することは否定しえない。機械設備が劣っており、機械産業や技術にかんする応用科学の知識が貧弱であることをのぞくと、ヨーロッパの国々とも肩を並べることができるといってもよかろう。 (下巻, p. 149)
すべての職人的技術においては、日本人は問題なしにひじょうな優秀さに達している。磁器・青銅製品・絹織り物・漆器・冶金一般や意匠と仕上げの点で精巧な技術をみせている製品にかけては、ヨーロッパの最高の製品に匹敵するのみならず、それぞれの分野においてわれわれが模倣したり、肩を並べることができないような品物を製造することができる、となんのためらいもなしにいえる。 (下巻, p. 177)
漆器については、なにもいう必要はない。この製品の創始者はおそらく日本人であり、アジアでもヨーロッパでもこれに迫るものはいまだかつてなかった。……日本人はきわめてかんたんな方法で、そしてできるだけ時間や金や材料を使わないで、できるだけ大きな結果をえているが、おそらくこういったばあいの驚くべき天才は、日本人のもっとも称賛すべき点であろう。 (下巻, p. 181)
すなわち、かれらの文明は高度の物質文明であり、すべての産業技術は蒸気の力や機械の助けによらずに到達することができるかぎりの完成度を見せている。ほとんど無限にえられる安価な労働力と原料が、蒸気の力や機械をおぎなう多くの利点を与えているように思われる。・・・これに反してかれらがこれまでに到達したものよりもより高度な、そしてよりすぐれた文明を受けいれる能力は、中国人を含む他のいかなる東洋の国民の能力よりも、はるかに大きいものとわたしは考える。 (下巻, p. 201)





欧米人が見た江戸時代日本の世界一の識字率

イギリス外交官の秘書ローレンス・オリファント『エルギン卿遣日使節録』
(岡田章雄訳・新異国叢書9・雄松堂書店、1968年)は、
「子供たちが男女を問わず、またすべての階層を通じて必ず初等学校に送られ、そこで読み書きを学び、また自国の歴史に関するいくらかの知識を与えられる」(p.162)と、当時子どもたちがみな勉強しているので驚いたことが記されています。

--------------------------------------------------------------------------------
ロシア海軍軍人ゴロウニン『日本幽囚記』 (井上満訳、岩波文庫、1946年)は、
「日本の国民教育については、全体として一国民を他国民と比較すれば、日本人は天下を通じて最も教育の進んだ国民である。日本には読み書き出来ない人間や、祖国の法律を知らない人間は一人もゐない」(p.31)、「しかしこれらの学者は国民を作るものではない。だから国民全体を採るならば、日本人はヨーロッパの下層階級よりも物事に関しすぐれた理解をもってゐるのである」(p.225)と、非常に高い評価が記されています。

--------------------------------------------------------------------------------
アメリカ人のラナルド・マクドナルド『マクドナルド「日本回想記」-インディアンの見た幕末の日本-』(村上直次郎編・富田虎男訳訂、刀水書房、1981年)には、
「日本人のすべての人-最上層から最下層まであらゆる階級の男、女、子供-は、紙と筆と墨を携帯しているか、肌身離さずもっている。すべての人が読み書きの教育をうけている。また、下級階級の人びとさえも書く習慣があり、手紙による意思伝達は、わが国におけるよりも広くおこなわれている」(p.124)と、文書社会の到達点が記されています。

--------------------------------------------------------------------------------
黒船で有名なペリーの『ぺルリ提督日本遠征記』 (土屋秀雄・玉城肇訳、岩波文庫、1955年)は、
本が安く大量に売られていることを驚き、「教育は同帝国至る所に普及して居り」(p.140)と、教育の普及ぶりを評価しています。

--------------------------------------------------------------------------------
プロイセンの画家ハイネ『ハイネ世界就航日本への旅』 (中井晶夫訳、新異国叢書第Ⅱ期2、雄松堂書店、1983年)は、
子どもたちがしっかりと男女ともに小学校に入って勉強し、読み書きと祖国の歴史を教わっていると書いています。

--------------------------------------------------------------------------------
スイスの全権主任アンベール『アンベール幕末日本図絵』 上巻(高橋邦太郎訳、新異国叢書14、雄松堂書店、1969年)は、
「成年に達した男女とも、読み書き、数の勘定ができる」(p.88)と、驚いています。

--------------------------------------------------------------------------------
イギリスの初代駐日公使オールコック『大君の都』 (山口光朔訳、岩波文庫、1962年)は、
「日本では教育はおそらくヨーロッパの大半の国々が自慢できる以上に、よくゆきわたっている」と述べています。

--------------------------------------------------------------------------------
遺跡発掘で有名なドイツのシュリーマン『日本中国旅行記』 (藤川徹訳、新異国叢書第Ⅱ輯6、雄松堂書店、1982年)は、
旅行で来日したさい、「日本には、少なくとも日本文字と中国文字で構成されている自国語を読み書きできない男女はいない」(p.114)と記しています。

--------------------------------------------------------------------------------

彼等外国人の感想は一部誇張的表現もみられますが、全体を通して当時の日本の教育が発達していたことが記されています。当時の先進国から来た人々は、野蛮な日本と思って来て驚いたのだと思いますが、その驚きを素直に書いているわけです。
江戸後期から幕末期、日本の教育は来日外国人を驚かすのに十分の水準であったといえます。
18世紀の識字率はロンドンが20%程度パリが10%未満江戸が70%以上と言われています。
こんなところも日本がアジアでも近代化出来た希少な国である理由がありますね。
c0059946_23452931.jpg




韓国の低い技術に驚く西洋人

フランツ・フォン・シーボルト『日本』フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト(尾崎賢治訳)『日本・第五巻』雄松堂出版, 1978.
朝鮮の工業技術は隣国の中国や日本と比べてずっと遅れているように思う。木工は断然といってよいほど遅れており、陶磁器の作りはひどく粗末である。鉄器、特に刀その他の刃物は価値が低い。

--------------------------------------------------------------------------------
シャルル・ダレ『朝鮮事情』シャルル・ダレ(金容権訳)『朝鮮事情』東洋文庫367, 平凡社, 1979.

韓国人は、科学研究の分野においてほとんど進歩のあとを見せていないが、産業の知識においては、なおさら遅れている。この国では、数世紀もの間、有用な技術はまったく進歩していない。 (p. 309)

アジアの北東部から日増しに侵略の歩を進めているロシア人によって、いずれその難関は突破されるだろう。一八六〇年〔北京条約のこと〕から、彼らの領土は朝鮮と隣接するようになり、これら二国間で、国境問題と通商問題に関してさまざまな難問が起こった。これらの問題は、今後も間違いなく繰り返されるであろうし、いつの日にか、朝鮮はロシア領に併合されてしまうであろう。 (p. 323)

--------------------------------------------------------------------------------
ウィリアム・グリフィス『隠者の国・朝鮮』William Elliot Griffis, Corea the Hermit Nation, Kessinger, 2004.

朝鮮の建築はきわめて原始的な状態にある。城郭、要塞、寺院、修道院および公共建築は、日本や中国の壮麗さにまるで及ばない。この国は古い歴史を誇っているのに、石造の遺跡がほとんどない。住居は瓦葺きか藁葺きで、ほとんど例外なく一階建てである。小都市では規則的な通りに配置されておらず、あちこちに散在している。大都市や首都でも、通りは狭くて曲がりくねっている。(p. 262)

--------------------------------------------------------------------------------
イザベラ・バード(林尚得訳)『朝鮮奥地紀行』平凡社, 1993年

二十五万人と見積もられている人びとが「地べた」、主として迷路のような路地で暮らしている。その路地の多くは、荷を積んだ二頭の雄牛が通れないほど狭い。実にやっと人ひとりが、荷を積んだ雄牛一頭を通せる広さしか無い。さらに立ち並んでいるひどくむさくるしい家々や、その家が出す固体や液状の廃物を受け入れる緑色のぬるぬるしたどぶと、そしてその汚れた臭い縁によって一層狭められている。(1巻, 71-72頁)

それにも拘わらず、ソウルには美術の対象になるものが何も無く、古代の遺物ははなはだ少ない。公衆用の庭園も無く、行幸の稀有な一件を除けば見せものも無い。劇場も無い。ソウルは他国の都市が持っている魅力をまるで欠いている。ソウルには古い時代の廃墟も無く、図書館も無く、文学も無い。しまいには、他には見出せないほどの宗教に対する無関心から、ソウルは寺院無しの状態で放置されている。1巻, 106-107頁)

------------------------------------------------------------------------------
W・R・カールズ『朝鮮風物誌』

われわれはすぐに、日本家屋が立ち並ぶ一帯を通り抜けることになった。これらの日本家屋は、最近外国人たちとの商売で大きな利益を上げている小商人たちが建てたものだった。こうした種類の家は、あえて比較するなら、日本領事館のような高級建築と、そこで働きながら仮住まいをする韓国人たちのあばら家の中間程度だった。日本家屋はすべて魅力的な反面、韓国人たちの家は、通風装置がまったくなっておらずにおいがひどい道路の両側に散らばって立つ、草ぶき屋根と土塀の家だった。(p. 28)

ところが平安監司は突然話題を変え、ゴッチェ博士と朝鮮政府の関係や彼の旅行目的について尋ねた。そしてそれと同じように平安道の資源、貿易、人口に対する質問をあげ、私はひどく苦しかった。彼は私の旅行目的に対し警戒している様子で、礼儀にもとることを言い、自分の国のあらゆることを非難した。彼はいかなる貿易の存在も認定するまいとした。彼の言葉によると、大同江もまったく運行に耐えず、鉱山も価値がなく、ほとんど3000年の歴史を持つこの都市には関心に値するものはひとつもなく、陶磁器や青銅等のいかなる商品も購買する価値がないと言った。(p. 120)

--------------------------------------------------------------------------------
W・F・サンズ『極東回想記』

西方世界の様子や発明品を眺める彼らの様子は、アブラハム時代のイスラエル人が鉄道や電車や複雑なヨーロッパの装置を見るように当惑している。何も理解できず、また理解しようともしない。彼らは「隠者の王国」であり続けることを願っている。(pp. 47-48)

c0059946_23475692.jpg


by fuji_ssss | 2008-12-15 18:31 | japan
2008年 12月 02日

靖国

c0059946_0243717.jpg

青=要人が靖国神社に参拝した国家
赤=国家総動員で、死に物狂いで靖国参拝を反対する国家
白=無関心の国家
紫=他国から不当に支配されながらも元首が参拝した国

靖国参拝する、世界の皆さん(一部)

1956/4/19 張道藩中華民国(台湾)国立法院院長 一行c0059946_0273616.jpg
c0059946_0274270.jpg
1960/3/23 ビルマ(現ミャンマー) ウー・ヌー前首相 参拝c0059946_0302223.jpg
c0059946_0303066.jpg
1961/12/15 アルゼンチン フロンディシ大統領ご夫妻 (戦後初の元首参拝)c0059946_0315958.jpg
c0059946_032829.jpg
1963/6/4 タイのプミポン国王女王両陛下c0059946_0324125.jpg
c0059946_0325265.jpg
1963/6/25 米国空軍士官学校の士官候補生らc0059946_034663.jpg
c0059946_0341483.jpg
1992.
1964/10/7 イタリア、ジュリオ・アンドレオッティ国防相と陸海空軍士官候補生90人
ジュリオ・アンドレオッティは後のイタリア首相c0059946_035443.jpg
c0059946_0351439.jpg
1965/4/16 タイ練習艦隊司令官パントム海軍少将c0059946_036526.jpg
c0059946_0371074.jpg
1965/3/26 西ドイツ練習艦ドイッチェランド号の士官候補生50人 参拝 c0059946_038568.jpg




1967/1/31 フランス護衛艦ヴィクトール・シェルシェとヘリ空母ジャンヌ・ダルクの乗組員と士官候補生c0059946_0391013.jpg
c0059946_0392018.jpg
1968/6/25 ブラジル練習艦隊クストディオ・デ・メーロ号のシャモンテ艦長以下士官候補生と乗員120人c0059946_0395288.jpg
c0059946_040132.jpg
1968/9/6 ブラジル・カトリックのドン・ジャイネ司教
c0059946_0404678.jpg
c0059946_0413655.jpg1969/4/9 在日アメリカ海軍司令官ダニエル・T・スミス海軍少将以下幹部25人
c0059946_0415295.jpg
c0059946_0445615.jpg1972/3/21 スペイン海軍練習艦隊ファン・セバスチャン・エルカノ号のリカルド・ラウレル海軍中佐以下50人
c0059946_04510100.jpg
c0059946_0464877.jpg1972/4/1 チリ海軍練習艦隊エメラルダ号、シルバ大佐以下士官候補生と駐日大使
c0059946_0465784.jpg
c0059946_0475090.jpg1973/11/7 トンガ王国のタウファアハウ・ツポー4世国王とマタアホ王妃
c0059946_0475956.jpg
c0059946_0484557.jpg1973/3/3 ペルー海軍練習艦隊のアレハンドロ・ペレス・ルイス艦長以下乗員60人 参拝
c0059946_049442.jpg
c0059946_050396.jpg1980/11/1 チベット仏教 法王ダライ・ラマ14世 参拝
c0059946_0501222.jpg
c0059946_0513292.jpg1981/6/22 インドネシアのアラムシャ・R・プラウィネガラ宗教相
c0059946_0514047.jpg
c0059946_0522696.jpg1982/11/25 エジプト 前世界イスラム審議会事務総長のM・T・オーエイダ博士
(「私はアッラーに祈る。祖国日本のために命を捧げたる戦士の方々の平安と日本国の益々の発展を」と記帳)
c0059946_0523741.jpg
c0059946_0534395.jpg1994/9/21 リトアニア共和国のスレジェベシス首相
c0059946_054215.jpg
c0059946_0541640.jpg1997/11/1 旧朝鮮王朝李玖王子 参拝



c0059946_119100.jpg2000/9/13 チベット仏教リクー・ブッダ・ダツ氏 参拝




c0059946_15417.jpg2001/4/17 台湾 臺灣高砂族元義勇兵・遺族 参拝



c0059946_163942.jpg2001/4/26 インド沿岸警備隊長官ジョン・コリンズ・デシルバ海軍中将 参拝



c0059946_174161.gif2002/10/18 トルコ大使館付武官クタイ・ゲンチ陸軍大佐 参拝




c0059946_181626.jpg2003/4/10 前ペルー大統領アルベルト・フジモリ氏 参拝

他多数・・

by fuji_ssss | 2008-12-02 01:09 | japan
2008年 12月 01日

派手な自爆

c0059946_21285643.jpg

韓国政府が「慰安婦が強制連行された証拠Nida!」と自慢する資料です。
1944年と書いてあります。

  「慰安婦を募集!月給300円以上!3000円まで借金が可能!」 
と書いてあります。


…警察官(巡査)の初任給が45円でした。
現在の警察官の初任給は約20万円です。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/keisatu.htm


なんと!慰安婦の月給は133万円以上だったのです。
更に1330万円の借金が可能だと書いてあります。


1円=10ウォンで計算すると、「月給1300万ウォン!1億3000万ウォンの借金が可能!」
という募集です。

誰が読んでも「売春の仕事だ」と分かります!
これが強制連行ですか?

by fuji_ssss | 2008-12-01 21:32 | ianfu
2008年 12月 01日

100年前の証言

今でも通用する西欧人の普遍的朝鮮分析・・・
①感情的

■フランス人宣教師シャルル・ダレ「朝鮮事情」より抜粋

 韓国人は怯えながら生きる生活を続けていたので、感情の安定を失った民族になった。
 おそらく韓国人は世界一怒る事を好む民族だろう。怒る事が不安や焦燥感を解決するのだ。代償行為になるし、自尊心を守る手段にもなる。
 その自尊心も、虚飾によって作られた自尊心である。だから、ちょっと<触れただけで傷つき、怒りの感情が爆発する。

②精神異常

■1886~91年に朝鮮で布教したアメリカ人宣教師ホーマー・ハルバート「朝鮮亡滅」より抜粋

 韓国人は本当に怒ると、正気を失う。自分の生命すら見えないような状態になり、牙のある動物になってしまう。口の周りに泡が溜まり、更に動物のような表情になる。
 悲しい事だが、この怒りの衝動で理性を忘れる悪弊は、男だけではない。女は立ち上がって酷い大声で喚くので、最後には喉から声が出なくなり、次には強烈に嘔吐する。
 精神錯乱になった女を見る度に私は思う。「どうして脳卒中で倒れなかったのか?」と。
 韓国人は子供の時から、自分の気持ちを制御する術を学ぶ事がないらしい。子供も親を見習って、自分の気に入らない事があると、狂人のように大暴れする。
 結局、欲望を達成するか、あるいは長時間の後、鎮静に戻るか、そのどちらかに落ち着く。

③依存心

■スウェーデン人の記者アーソン・グレブスト「悲劇の朝鮮」より抜粋

 将来性がなく、中国人以上に酷い民族である。1000年前に眠った場所に留まり続けている。
 更に良くないのは、その眠りから覚めようとしない事だ。韓国人は独立が嫌なのだ。できれば他者に依存して責任回避をしたいのだ。
 彼らの望むことは、何の心配もなく平和に暮らす事だけだ。「独立」と言う言葉は、彼らにとって恐怖を意味し、不信や無法と同じである。

④不潔

■イギリス人女性イザベラ・バード「朝鮮紀行」より抜粋

 ソウルを描写するのは非常に憂鬱だ。
 北京を見るまで私はソウルこそ、この世で一番不潔な町と思っていたし、shoukouへ行くまではソウルの悪臭こそ、この世で一番酷い匂いだと考えていた。
 都会であり首都であるが、その粗末な様子は表現が難しい。礼節から二階建ての家は建てられず、したがって推定二十五万人の住民は迷路のような細い道の「地面」で暮らしている。道の多くは荷物を積んだ、牛が通りにくい程の狭い道で、家々から出た小便と大便を受ける穴か溝で更に狭くなる。悪臭が酷い。 
 その穴や溝の横に好んで集まるのが、土の埃で汚れた半裸の子供たち、皮膚病と眼病を患った大きな犬で、犬は汚物の中で転げまわり、日光の中で瞬きしている。
 ソウル名物は水路である。蓋の無い広い水路を黒く汚れた水が、川の底に堆積した排泄物やゴミの間を悪臭を漂わせながら、ゆっくりと流れていく。もはや水とは呼べない混合物を桶に汲んだり、小川とは呼べない水溜りで洗濯している女達の姿・・・

⑤文化が無い

■イギリス人女性イザベラ・バード「朝鮮紀行」より抜粋 
 ソウルには芸術品は全く無い。園も無い。見るべき催し物(イベント)も無い。劇場も無い。他の都会にある魅力がソウルには全て無い。
 古い都ではある。しかし、旧跡も無い。文献も無い。宗教に無関心だった為、寺院も無い。

⑥怠惰

■アメリカ人のジャーナリストのジョージ・ケナンの報告より抜粋

 日本から朝鮮に行った旅人がまず驚くことは、日本の清潔、秩序、勤勉、繁栄に対して、朝鮮の不潔、混乱、怠惰、荒廃との間の著しい差異である。

⑦嘘つき

■アメリカ人のジャーナリストのジョージ・ケナンの報告より抜粋

 韓国人の大部分は2つに分類される。大袈裟な事を言う人間。恥を知らずに、平気で嘘を言う人間。この2つである。これは遺伝と教育が原因だ。だから韓国人が話す「日本人の悪行」を信じるな。

⑧残酷

■1886~91年に朝鮮で布教したアメリカ人宣教師ホーマー・ハルバート「朝鮮亡滅」より抜粋

 動物がとても苦しがっていても、一般の韓国人は完全に無関心である。道路に病気になった猫や犬、怪我をした鳥などがいると、子供も大人も老人も石や棒で、この哀れな動物をいじめ殺してしまう。
 路上で不運な犬が首に縄をつけられ、犬肉店に牽引されていく時、子供の群れが騒ぎながら、追跡する。子供達は可哀相な犬が首を絞められ、 最後の抵抗をするのが見たいと期待している。そして興奮している。

by fuji_ssss | 2008-12-01 21:23 | korea
2008年 12月 01日

100年位前の日本

c0059946_1201915.jpg
c0059946_1203816.jpg
c0059946_1205115.jpg
c0059946_121058.jpg
c0059946_121955.jpg
c0059946_1211953.jpg
c0059946_1212853.jpg
c0059946_1214860.jpg
c0059946_122098.jpg
c0059946_1221350.jpg
c0059946_1222813.jpg
c0059946_1223682.jpg
c0059946_1225498.jpg
c0059946_123636.jpg
c0059946_1231571.jpg
c0059946_1232476.jpg
c0059946_1233660.jpg


by fuji_ssss | 2008-12-01 01:44 | japan