enjoy korea

fujissss.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 09月 28日

米誌タイム・アジア特集


「中韓の発展、日本に感謝を」 米誌タイム・アジア特集



【シンガポール=藤本欣也】米誌タイムは最新号で、「現代アジア」について特集、シンガポールの元外交官、キショール・マフバニ氏の論文「アジアの再生」を掲載した。同氏はアジアの世紀と呼ばれる今の発展をもたらしたのは自らの文化に対する自信であり、中国や韓国などアジア諸国はそれを提供した日本に感謝の意を表すべきだとの見解を明らかにしている。
 マフバニ氏はシンガポール国立大学のリー・クアンユー公共政策大学院学長。インド系で、国連や米国で長く外交官を務めた。
 同氏はまず、「文化に対する自信は発展の必要条件である」と指摘。英国の植民地だったインドをはじめアジア諸国では欧州の文化の優越性が民衆の心の底に刷り込まれていたとし、「日露戦争でロシアが日本に敗れて初めてインドの独立という考えが生まれた」とのインドのネール初代首相の言葉を引き、「20世紀初頭の日本の成功がなければアジアの発展はさらに遅れていただろう。日本がアジアの勃興(ぼっこう)を呼び起こした」と論じた。
 韓国の場合も、日本というモデルがなければこれほど早く発展できなかったと指摘。中国も、日本の影響で発展できた香港、台湾、シンガポールという存在がなければ、改革開放路線に踏み出さなかったとし、「日本がアジア・太平洋に投げ入れた小石の波紋は中国にも恩恵をもたらした」「(日本を歴史問題で批判する)中国でさえも日本に感謝すべきだ」などという見解を示した。
http://www.time.com/time/asia/2005/journey/introduction.html

# by fuji_ssss | 2007-09-28 00:23 | korea
2007年 02月 01日

朝日

次はなにをやったのかというと、在日朝鮮犬の指紋押捺反対です。日本に来るたびに天皇陛下のお言葉問題があって、そして10年後極めつきが『従軍慰安婦問題』です。これもまた『朝日新聞の誤報』ですよね。

これは1989年に日本の変な女性が韓国に行って韓国にビラを配って「日本相手に裁判やりましょう。私が裁判費用を全部持ってあげます」と言ったわけですよ。

そして、遺族会の人たちが乗ってきて裁判を始めました。そしてまだその時は徴用された人たちの遺族とかだったのです。それも1965年の条約で日本は一括で韓国にお金を渡しています。韓国政府は受け取ったものを分配しています。遺族に対しては分配したのです。ただ額が少ないと言って揉めました。ケガをした人たちには出していません。でもそれは韓国政府が決めることです。



 それで、終わったんですが額が少ないと揉めていた遺族会の人たちが残っていました。その人たちがビラを読んで「ただで裁判をやってくれるならやってもらおう」と言って、90年に最初にこういうホールに日本人が来て説明会をやりました。「裁判やりましょう、判子さえ押してくれれば、私たちが費用はもちますよ。やりましょう」ということになって、そのホールの側に日本大使館があったものですから、日本大使館に最初の反日デモをしかけたのです。これが今毎週1回やっているという『慰安婦』の人たちの先駆けですね。それを指導したのは日本人なんですね。

 そしてそこの団体が裁判を始めたときに、今度は四十数円で妓生(キーセン)として売られたと本人が言っているのにもかかわらず「私も裁判に入れてください」と来たわけですよ。その女性のことを世界で一番最初に、韓国のマスコミよりも先に報道したのは『朝日新聞』です。(苦笑・ざわめき)『朝日新聞』のウエムラという記者です。今、北京にいます。彼の嫁さんは実は遺族会の幹部の娘です。だから世界で一番最初に、韓国の新聞より早く『慰安婦』のインタビューを報道出来たのです。

それで彼は、四十数円で妓生(キーセン)として売られたと言っているのにもかかわらず「挺身隊、強制連行された慰安婦が出てきました」と書いたのです。自分の義理のお母さんの裁判を有利にするために紙面を使って嘘を書きました。それをまた韓国の政権が使い「『慰安婦』で机を叩くとお金が出る。(苦笑)技術援助が出てくる」これが盧泰愚政権の時ですね。

 盧泰愚さんが後になって、盧泰愚さんは本当は日本が大好きで『文芸春秋』が好きでしてね「『文芸春秋』に出たい出たい」と在任中2回インタビューに出たのですけど、『文芸春秋』のインタビューで「あれは日本のマスコミが火を点けたことでしょう」と言っています。

 しかしそうやって日本の左翼の反日運動を、韓国の右派が利用して机を叩いてお金をもらうという事をやった、その結果今の韓国はおかしくなりました。実は日本は『反日史観』がおかしいと言っていますが、韓国は『反韓史観』が蔓延してしまいました。ごく最近、韓国で親日的行為をした人間を裁く法律が韓国国会で通りましたね。(ざわめき)あれは全部北朝鮮の政治工作、思想工作なのです。

あの金日成という人は日本の統治時代に国内にいなかったのです。中国共産党の部隊の隊長でした。そのあとソ連に逃げてソ連の情報部隊の隊長をやっていたわけですね。共産主義者ですから民族のためよりも階級のために戦ったという、まぁそれはそれで彼の自由ですけれども、そういうことをやって帰って来たのです。国内にいた人たちは日本人でした。その中でいろいろなことがあったし異民族支配で悔しいこともあったけれども、しかし技術も学んだし近代化も進んでいたし、両方なのですよね。一方的には簡単に言えない。しかしそこの中にいた人たちはみんな、日本の名前を付けていたから親日派だとそういう論理ですよね。

 そして北朝鮮はそういう日本時代に協力した人間を大規模にパージしたのです。外から来た人間が政権をとって地主や知識人を全部パージしましたが、実は金日成の弟は親日派だったのです。日本軍の通訳をしていました。そのことを北は隠しているのです。しかし表向きはパージしたと思っています。



 韓国の方は李承晩大統領が海外にいましたけれど、しかし韓国軍を作る将軍たちは日本の士官学校を出た人たちが大部分ですね。警察や行政機関もそうしたのです。それは近代国家としてのノウハウを持っていたから使ったわけです。

我々の観点で親日派と言うのであれば「もう一度日本の総督府に戻ってきてください」と言い出す人が親日派ですよね。日本が負けた後も、日本時代に学んだ専門知識で大韓民国のために尽くした人たち、その人たちが作ったのが大韓民国です。そしてその代表が朴正熙大統領です。満州の士官学校文官学校を出て陸士を出ているわけです。北朝鮮は韓国の今の繁栄の基礎は「朴正熙大統領が親日派であるので、大韓民国というのは生まれた時から穢れているのだ」と、そういうふうに韓国の若者に刷り込む『反日史観』『反韓史観』を20年間やってきて、そして盧武鉉大統領になっちゃったわけです。
 
 そういう点では日本はさすがに『慰安婦問題』で「こんな馬鹿なことがあるか!事実とあまりにも違う」と92年~93年にかけての河野談話時、みんなで・・し始めてそして97年につくる会が出来て巻き返す押し返す運動がやっと始まり、そしてこういうことが出来るようになりました。しかし韓国はまだ押され続けて『反韓国家』になっています。

そういう点では日本はさすがに『慰安婦問題』で「こんな馬鹿なことがあるか!事実とあまりにも違う」と92年~93年にかけての河野談話時、みんなで・・し始めてそして97年につくる会が出来て巻き返す押し返す運動がやっと始まり、そしてこういうことが出来るようになりました。しかし韓国はまだ押され続けて『反韓国家』になっています。

 お互いにお互いの歴史を愛する環境を作らなければなりません。実は82年以前の日韓関係というのはそうだったんですね。この82年の時の最初の教科書問題の時に、私が一番印象的な韓国の社説(ソウル新聞という当時の政府系の新聞7月10日)は「日本が歴史を歪曲してまで子どもたちに愛国心を植え付けようとすることを、我々は見習わなくてはいけない!」そういう趣旨のことを書いています。(声を荒げて)「それぞれが愛国者を作るべきだと、そしてその愛国者同志が尊敬し合っていけばいいのだ」という関係が、1982年以前の1965年に朴正熙大統領は一度も『歴史問題』でお金をとる材料に使っておりません。「共産主義が来るから連帯しよう。朝鮮総連をもっと取り締まれ」とそういうことは言いましたけれども。

 そこにどうやって戻っていくのかというと、そのためにまず我々は日本の中の反日勢力を駆逐しなくてはなりません!(大拍手)自民党の中にいる反日勢力の責任は大きいと思います。(そうだ!大拍手)責任をとってもらわなくてはいけないと、そういうふうに強く思います!(大拍手)




http://aoinomama.trycomp.net/col3.cgi?mode=dsp&num=80&no=12

# by fuji_ssss | 2007-02-01 22:00 | enjoy korea
2007年 02月 01日

冥王星

冥王星

軌道が斜めにずれている。(17度)

米国人に発見された星。

ときどき海王星の軌道に割り込むなど、無軌道な行動が目立つ。

同じような性質の星である「カロン」と二重惑星になっている。

太陽系の片隅にある小さな星。

月より小さいくせに惑星と名乗っていたが、とうとう認定を外された。

韓国

やることが斜め上にずれている。(38度)

米国人によって作られた国。

ときどき日本の領土を侵略するなど、無軌道な行動が目立つ。

同じような性質の国である北朝鮮と、二重国家になっている。

アジアの片隅にある小さくてどうでも良い国。

国土が小さいくせに大韓民国と名乗っているが・・・(ry

# by fuji_ssss | 2007-02-01 21:46 | enjoy korea
2007年 02月 01日

属国

漢の植民地時代
BC108 漢、楽浪郡など4郡を建てる
AD204 魏、帯方郡を建てる
204 ツングース族の国高句麗が都を丸都(中国吉林省)に遷す
3世紀 朝鮮の三韓時代(馬韓、辰韓、弁韓)
313 高句麗、楽浪郡・帯方郡を滅ぼす

分裂時代
346 百済建国
356 新羅建国
369 倭、伽耶に進出
391 倭が朝鮮半島に進出し、百済・新羅を臣民とする
397 百済の阿華王が倭国に王子を人質に出す
404 倭が高句麗に敗退
427 高句麗が朝鮮を侵略し、都を平壌に遷す
462 百済武寧王(人質に出されていた王弟昆支の子)、倭国で生まれる
562 伽耶滅ぶ
660 唐と新羅の連合軍が百済を滅ぼす

唐の属国時代
668 唐が高句麗を滅ぼす。安東都護府を平壌に置く
735 新羅が唐から大同江以南の領有を許される
892 3国に分裂

分裂時代
918 王建の高麗建国

独立時代
936 高麗による半島統一

宋・蒙古・契丹・女真に服属した時代
963 宋に服属
994 契丹に服属
1126 金に服属
1231 モンゴルの侵入
1259 モンゴルに服属
1274 モンゴルの手先となり日本侵略。残虐行為

明の属国時代
1392 女真族出身のウルス・ブハ(李成桂)が朝鮮を建国。国号は明の皇帝によって決めてもらう
1575 両班の党争はじまる
1592 秀吉軍の朝鮮征伐。20日で朝鮮全土を占領。いったん明と講和
1597 秀吉、再出兵。1年後秀吉の死により撤兵
1619 サルフの戦いで後金軍が明・朝鮮軍を撃破
1620 後金軍、朝鮮侵入

清の属国時代
1639 朝鮮、清に服属
1721 辛丑の獄
1801 辛酉の獄
1811 洪景来の乱
1866 キリスト教徒大迫害
1876 開国

独立時代
1895 下関条約により、朝鮮が清より独立
1897 大韓帝国と改称
1909 伊藤博文、暗殺される。これを機に日韓併合運動がおこる

日本統治時代
1910 日本統治時代はじまる

米軍統治時代
1945 米軍統治時代はじまる

分裂時代
1948 韓国、北朝鮮それぞれ独立
1950 朝鮮動乱おこる
2003 北朝鮮NPT脱退。韓国で盧武鉉大統領成立


檀君朝鮮・箕子朝鮮を信じている電波な人は放置します
古朝鮮の衛氏朝鮮も紀元前195年に発生したのが考古学的に証明されている。 

つまり

2000年近い韓国関連の歴史のなかでも、統一された独立国家としての歴史は
高麗初期の27年間と日清講和条約後の15年間のあわせてもたった42年間

また,世界史の中で様々な国が存在するが他国に自国の国号を決めて貰った国など、
後にも先にも朝鮮ただ一カ国である。

# by fuji_ssss | 2007-02-01 16:34 | korea
2007年 02月 01日

米慰安婦決議

朝鮮日報:米下院、満場一致で決議案採択
米国下院は30日午後3時11分(韓国時間31日午前4時11分)、
日本軍性奴隷(慰安婦)決議案を本会議に公式に上程し、満場一致で通過させた。

朝鮮日報:慰安婦決議採択と米日関係への影響日本孤立
これまで蜜月関係を保ってきた米日両国が、新たな「転換点」に差し掛かった。
ブッシュ政権が対北朝鮮政策を変更したため、さらに日本政府は孤立感を深めている。


さて、実際は・・

c0059946_12431329.jpg

議員:『人権問題で正面から反対するのも面倒だから欠席しよう・・。』
議決採決、出席わずか10人
決議案が採決された際に本会議場にいたのは、わずか10人程度。
発声による投票の結果、出席者から異論は出なかったため採択された
c0059946_12433371.jpg
↑↑↑↑↑出席したのは10人だけ!!






米国下院、対日礼賛決議案を可決!
米国下院外交委員会は31日、旧日本軍による従軍慰安婦問題で、
日本に公式謝罪を求める決議案が本会議で採択されたことを受け、
これとバランスを取るために、米日同盟の重要性を確認する対日礼賛決議案を可決。

c0059946_12434388.jpg


米政府、謝罪要求決議を支持せず!
【ワシントン31日時事】ケーシー米国務省副報道官は31日、
下院が従軍慰安婦問題に関する対日謝罪要求決議を採択したことについて、
記者団に対し、「ブッシュ大統領と安倍(晋三)首相はこの問題(慰安婦問題)を話し合い、
大統領は日本側の対応に満足の意を表明している」と述べた。



米政府としては下院の謝罪要求決議を支持せず、
距離を置く姿勢を示したものだ。
 



慰安婦は戦時中の売春婦と、
アメリカは戦時中に調査して分かっている。


「米政府、謝罪要求決議を支持せず!」







そして韓国では、、、
ウリナラマンセー! 
c0059946_1244097.jpg


# by fuji_ssss | 2007-02-01 12:38 | ianfu
2007年 02月 01日

李朝時代

c0059946_1435661.jpg
c0059946_144101.jpg
c0059946_1442143.jpg


# by fuji_ssss | 2007-02-01 01:43 | korea
2007年 01月 31日

ウィリアム・グリフィス

ウィリアム・グリフィス『隠者の国・朝鮮』William Elliot Griffis, Corea the Hermit Nation, Kessinger, 2004.
c0059946_2326377.jpg
c0059946_2329346.jpg
ウィリアム・グリフィス (William Elliot Griffis, 1843~1928) は米国の牧師・東洋学者
『隠者の国・朝鮮』は米国では、最初のまとまった朝鮮関連書として多大な影響力を持ち、
「隠者の国」というフレーズは朝鮮の代名詞として有名になった。

This is a good specimen of Corean varnish-work carried into history. The rough facts are smoothed over by that well-applied native lacquer, which is said to resemble gold to the eyes. The official gloss has been smeared over more modern events with equal success, and even defeat is turned into golden victory.
これは朝鮮_人による歴史の塗装作業の良い見本である。つらい現実には国産塗料を塗りたくり、黄金に見せかける。さらに後世の事件に対しても、公的な虚飾が巧妙に施され、敗戦すら輝かしい勝利に変えられる。(pp. 150-151)

Chō-sen is represented as a human being, of whom the king is the head, the nobles the body, and the people the legs and feet. The breast and belly are full, while both head and lower limbs are gaunt and shrunken. The nobles not only drain the life-blood of the people by their rapacity, but they curtail the royal prerogative. The nation is suffering from a congestion, verging upon a dropsical condition of over-officialism.
朝鮮は人にたとえられ、王はその頭、貴族は胴、人民は足である。胸と腹は膨れる一方、頭と下肢はやせ細っている。貴族はその強欲で人民の生き血をすするのみならず、王の大権をも侵している。国は充血を起こし、官僚主義の浮腫を患っている。(p. 229)

The vocabulary of torture is sufficiently copious to stamp Chō-sen as still a semi-civilized nation. The inventory of the court and prison comprises iron chains, bamboos for beating the back, a paddle-shaped implement for inflicting blows upon the buttocks, switches for whipping the calves till the flesh is ravelled, ropes for sawing the flesh and bodily organs, manacles, stocks, and boards to strike against the knees and skin-bones.
拷問の豊富さは、朝鮮がいまだに半文明国にとどまっていることを示すに十分である。
法院と監獄の発明品としては、鉄鎖、背中を打つための竹、尻を打ち据えるためのパドル状の器具、肉が裂けるまでふくらはぎを叩くための鞭、肉と内臓を苛むためのロープ、手かせ、杖、そして膝とむこうずねを叩くための板等がある。(p. 234)

After their marriage, the women are inaccessible. They are nearly always confined to their apartments, nor can they even look out in the streets without permission of their lords. So strict is this rule that fathers have on occasions killed their daughters, husbands their wives, and wives have committed suicide when strangers have touched them even with their fingers.
結婚後は、女との接触は不可能である。女はほとんど常に内房に引きこもり、許しを受けずに家の外を覗くことすらできない。隔離があまりに厳しいため、部外者の指が触れたというだけで父は娘を、夫は妻を殺し、妻は自殺することがある。(p. 245)

Corean architecture is in a very primitive condition. The castles, fortifications, temples, monasteries and public buildings cannot approach in magnificence those of Japan or China. The country, though boasting hoary antiquity, has few ruins in stone. The dwellings are tiled or thatched houses, almost invariably one story high. In the smaller towns there are not arranged in regular streets, but scattered here hand there. Even in the cities and capital the streets are narrow and tortuous.
朝鮮の建築はきわめて原始的な状態にある。城郭、要塞、寺院、修道院および公共建築は、日本や中国の壮麗さにまるで及ばない。この国は古い歴史を誇っているのに、石造の遺跡がほとんどない。住居は瓦葺きか藁葺きで、ほとんど例外なく一階建てである。小都市では規則的な通りに配置されておらず、あちこちに散在している。大都市や首都でも、通りは狭くて曲がりくねっている。(p. 262)

about eighty-five per cent of the people can neither read nor write, though the percentage varies greatly with the locality.
約85パーセントの人々は読むことも書くこともできない。ただし地域差は大きい。(p. 444)

Corea has no samurai. She lacks what Japan has always had - a cultured body of men, superbly trained in both mind and body, the soldier and scholar in one, who held to a high ideal of loyalty, patriotism, and sacrifice for country.
朝鮮にはサムライがいない。日本にあって朝鮮に欠けているものは、心身ともによく鍛えられ、兵士であると同時に学者であり、忠誠心と愛国心と自己犠牲の高い理想をかかげる文化的集団である。(p. 450)

# by fuji_ssss | 2007-01-31 23:24 | korea
2007年 01月 31日

韓国式茶道

c0059946_22284380.jpg
ビニールシートにござ。
なんでトイレットペーパーがあるの・・・?

# by fuji_ssss | 2007-01-31 22:29 | enjoy korea
2007年 01月 31日

クリスティン・リー

「日韓の植民政策研究は政治やイデオロギーに振り回されてきた」
クリスティン・リー女史
アメリカ・ポートランド州立大学教授。
1960年生まれ。梨花女子大卒業。
米国に留学、ラトガ-ス大学で博士号取得。
教育学を専攻後、教育哲学に転向した。

現代思想が専門。ポストモダ二ズムや日韓の女性法などについて、多数の論文を書いている。
『滅亡の帝国-日本の朝鮮半島支配』は、欧米の研究書の間で話題を呼んだ。

日本の植民地経営は、世界史的にみてどうだったのか?
植民地主義というキーワードをもとに、理論的、実践的にこの問題に取り組んだのが、在米の韓国人女性研究者クリスティン・リー氏である。
リー氏はイデオロギーに振り回され、学問的方法論に依らないこれまでの研究を厳しく批判する。
(翻訳/重村智計・早稲田大学教授)

私は、アメリカの大学院で指導教授たちに言われた次の言葉を、今なお忘れる事が出来ません。
『日本の植民地は、その後いずれも経済発展したではないか。そんな結論の出ている問題を今更どうして研究するのか?』
米国の名門ラトガース大学のローデン教授は、私が博士論文の主題に『日本が朝鮮半島を植民地支配した時代の教育と女性問題』について研究したいとの計画を説明すると、このように反問しました。
『文明のシステムを、日本の植民地主義は朝鮮半島に導入したのではないか?
スペインやアメリカやイギリスは、日本のように本国と同じような教育システムを植民地に導入しなかった。
当時の朝鮮半島の人々は文明のシステムを独自の力で導入するのに失敗した。
日本の植民地主義なしで、あれほど早く文明の世界システムに入れただろうか?』

私は、この発言に怒りが込み上げ懸命に反論しようとしたが、頭の中が真っ白になり感情だけが高ぶったのを覚えています。
「そんな論文を書いたら、韓国に戻れなくなる!」との不安が一瞬心をよぎりました。
論文の相談をした別の経済学専攻の教授は、『植民地化された国家の中で韓国と台湾ほどに発展した国家はない。アメリカやイキリスの植民地で、台湾や韓国ほど発展した国があるか?』とまで言うのでした。
私の不満そうな表情を見たローデン教授は、次のようにも問いかけました。
『日本の植民地支配を非難する韓国人の留学生の一人が、自分の父親が東京帝国大学出身であると自慢げに話した。これは、暗黙のうちに日本が導入した文明のシステムを評価していることになる。本来なら、東京帝国大学を卒業した父親を非難すべきではないか?』
こう言われてみると、確かに東京大学はもとより、京都大学、早稲田大学、慶応大学を卒業した事を誇りにする韓国人は少なくないのです。
当然韓国の側に立ってくれると思った第三者のアメリカ人学者の発言は、ショックでした。
こうして私は1997年に『The Doomed Empire : Japan in Colonial Korea 』
(滅亡の帝国:日本の朝鮮半島支配)を、英国で出版しました。
http://www.bookfinder.com/dir/i/The_Doomed_Empire-Japan_in_Colonial_Korea/1859724698/
日本の植民地支配下での女性と教育問題を学問的に整理し、感情論でなく客観的に理解する素材を提供したいと考えたからです。
当初の意図とは異なり、指導教授の理諭と主張が盛り込まれました。
この本は、韓国で出版するのは、まず不可能でしょう。
韓国では『親日派』と非難されるでしょう。韓国で生活出来なくなるかもしれません。
それをあえて覚悟したのは、近代史をめぐる日韓の対立を解消し、友好な関係を築くのに微力ながら貢献したいと考えたからです。
女性解放と女性教育の面では、日本の植民地主義は、朝鮮半島への近代化の導入に決定的な役割を果たしました。
その一方で、韓国の教育が日本の戦前型の教育から、今も抜け出せないでいるのも否定できない現実です。

# by fuji_ssss | 2007-01-31 22:22 | korea
2007年 01月 31日

朝鮮通信使

朝鮮通信使、金仁謙の著書『日東壮遊歌』 平凡社東洋文庫

●1764年1月22日 大阪
100万軒はあると思われる家の全ては「瓦の屋根」だ。凄い。
大阪の富豪の家は「朝鮮の最大の豪邸」の10倍以上の広さで、
銅の屋根で、黄金の内装である。 この贅沢さは異常だ。
都市の大きさは約40kmもあり、その全てが繁栄している。信じられない。
中国の伝説に出てくる楽園とは、本当は大阪の事だった。
世界に、このように素晴らしい都市が他にあるとは思えない。
ソウルの繁華街の10000倍の発展だ。
北京を見た通訳が通信使にいるが、「北京の繁栄も大阪には負ける」
と言っている。
穢れた愚かな血を持つ、獣のような人間が中国の周の時代に、この土地にやってきた。
そして2000年の間、平和に繁栄し、一つの姓(つまり天皇家)を存続させている。
嘆かわしく、恨めしい。

●1764年1月28日 京都

街の繁栄では大阪には及ばない。
しかし倭王(天皇)が住む都であり、とても贅沢な都市だ。
山の姿は勇壮、川は平野を巡って流れ、肥沃な農地が無限に広がっている。
この豊かな楽園を倭人が所有しているのだ。
悔しい。 「帝」や「天皇」を自称し、子や孫にまで伝えられるのだ。
悔しい。 この犬のような倭人を全て掃討したい。
この土地を朝鮮の領土にして、朝鮮王の徳で礼節の国にしたい。

●1764年2月3日 名古屋

街の繁栄、美しさは大阪と同じだ。 凄い。
自然の美しさ、人口の多さ、土地の豊かさ、家屋の贅沢さ…この旅で最高だ。
中原(中国の中心地)にも無い風景だ。
朝鮮の都も立派だが、名古屋と比べると、とても寂しい。
人々の美しさも最高だ。
特に女性が美しい。 美しすぎる。 あれが人間だろうか?
「楊貴妃が最高の美人だ」と言われているが、名古屋の女性と比べれば、
美しさを失うだろう。
(帰路にて)
名古屋の美人が道を歩く我々を見ている。
我々の一員は、名古屋の美人を一人も見逃さないように、
頭を左右に必死に動かしている。

●1764年2月16日 江戸(東京)

左側には家が連なり、右側には海が広がっている。
山は全く見えず、肥沃な土地が無限に広がっている。
楼閣や屋敷の贅沢さ、、人々の賑わい、男女の華やかさ、城壁の美しさ、橋や船…。
全てが大阪や京都より三倍は優っている。
この素晴らしさを文章で表現する事は、私の才能では不可能だ。
女性の美しさと華やかさは名古屋と同じだ。
c0059946_17361937.jpg
c0059946_17365458.jpg


『日東壮遊歌―ハングルでつづる朝鮮通信使の記録 』(東洋文庫)

作者: 金 仁謙
出版社/: 平凡社
発売日: 1999/

# by fuji_ssss | 2007-01-31 21:42 | japan